« すっとびボールとマグヌスコップを作って飛ばす@渋谷区こども科学センター・ハチラボ | トップページ | 【切り紙モアレ】つながるかたち展03 @東京大学駒場博物館 »

2023年10月14日 (土)

丸ビーズとテグスで作る正多面体ストラップ@渋谷区こども科学センター・ハチラボ

231014s01
渋谷区こども科学センター・ハチラボのワークショップで(⇒イベントカレンダー
「丸ビーズとテグスで作る正多面体ストラップ」の講師をしてきました。(⇒イベントのチラシPDF

ハチラボの7・8月イベントカレンダーで、夏休みワークショップはどんなのやっているのかな~と見ていたら、所用時間 300分=5時間! お弁当持参のワークショップがあった!! へ~ ハチラボのワークショップは90分と決まっているわけではないんだ。他にも120分=2時間のワークショップが5つある。ならば、私も2時間かけて正多面体ざんまいのワークショップやってみよう! と、
👇こういうメニューのワークショップをやってきました😃
231014s09
このメニューにしたのは、2015年 東芝未来科学館で 丸ビーズとテグスで作る「正多面体ストラップ」をやったときの振り返りに基づいているのですが、やってみた結果は(2時間あるとはいえ)詰め込み過ぎた💧

詰め込み過ぎた今回のスライドを以下に並べていきます。
私の科学教室/ワークショップの進行のスタイルは まず作る。お話はあと! ですが、ビーズ正多面体を編むのは「解った!」子と「あれ~?」となってサポートが必要な子で所用時間が全然違う。なので、皆できあがってからお話という進行ができない。
そこで今回は、最初に「正多面体って何?」という基本だけお話し、そのあとは時間の許す限り「正多面体を編む」という流れ。

231014s03
231014s04b231014s04
231014s05b231014s05
231014s06
231014s07
231014s08
👆今回は赤枠の正多面体を作ります。
で、作る前に2つほど練習をします。
科学工作の指導をしていて思うこと…
・ひもを結べない子が多いね💧
・ハサミの使い方の基本を知らない子も多いね💧
…と、かねがね思っていましたので、この2つの練習から😅

ひもの結び方
231014s11231014s12
以前 ひもの結び方の練習をしたとき、2本のひもを空中で結ぶという動作だったため、私は何の気なしにやっていたが、子供たちにとってはこれがかなり難しいことだと判ったので、「練習台」を用意しました😊
231014s13

ハサミの使い方
231014s14
※皆さんが(子供も大人も)ハサミを使う様子を見ていると、なんでそんなハサミの先端で切るの? と思う私。
ん~「てこの原理」から説明しなくては…
231014s15
※「石を持ち上げる・てこ」の画像は山形県産業科学館より
231014s16
NHK for School シーソーや観覧車のつりあい より
231014s17

ストロー6本:正4面体の作り方
231014s18231014s19
231014s20231014s21
※正多面体を編むとき、ルール②がなかなか解ってもらえないので念入りに説明します。
231014s22
※ここで「本結び」です。

ビーズ6個:正4面体 いくらストラップを作る
231014s23
231014s24
※ここまでが基礎編。基礎なので、色付きビーズと透明ビーズで2回作り、基礎練習をしっかりと✊
ここで一旦休憩
休憩の後は応用編:ビーズ12個→30個と進みます。
ビーズ6個→12個 →30個とだんだん難しくなっていくように思うかもしれませんが、作り方のルールはたった1カ所違うだけ!
作り方のルール…ビーズ12個(正6面体)
231014s25
作り方のルール…ビーズ30個(正12面体)
231014s26
※基礎編は全員ペースを合わせて1ステップずつ進めてきましたが、
応用編は各自のペースで作ります。すると「解った!」子はスイスイ作ってしまうので、作り終えると手持ち無沙汰になってしまいます。
そこで「おまけ」の…
ストロー正8面体 作り方のルール
231014s27

全員が時間内にビーズ30個まで完成させるに至りませんでしたが、できあがってない人はこの後も30分ぐらいは大丈夫だから…ということで、皆さんビーズ30個のビーズボール完成しました!😃

あ、「丸ビーズとテグスで作る正多面体ストラップ」ですが、最初のビーズ6個「いくらストラップ」以外はストラップにしていません💧
Beadspoly03
そして透明ビーズで作っています。
これは、透明ビーズの中を通るカラーテグスを見て…
Beadspoly6ビーズ6個=正4面体
Beadspoly12ビーズ12個=正6面体
Beadspoly30ビーズ30個=正12面体
…という正多面体の構造を見てもらうためです。
で、ストラップにするには?
Beadspoly31Beadspoly32
カニカンのストラップを付けます。
Beadspoly33
※以前やったときは、カニカンよりちょっと安い二重丸カンのストラップを使っていて、これだとビーズボールとストラップの取り外しができず、8mm丸ビーズ30個だとストラップの輪の中を通せなくて、ストラップとして付けられなかったのです💧 今回その問題点の対策をしました😅
ストラップを付けずに、コードを通してネックレスにすることもできますよ😊
Beadspoly34

▼ワークショップの〆のお話スライド
231014s28231014s29
231014s30231014s32
231014s33
231014s34
231014s35



この日のワークショップ参加者は 13人
アンケートの感想(おもしろかった、ふつう、おもしろくなかった)は
とってもおもしろかった:1人
おもしろかった:10人
おもしろくなかった:1人
未記入:1人
おもしろかった感想より(抜粋)
・図形の展開が大好きなので 色々な物(ビーズやストロー)で多面多角形をつくれることがおもしろかったです。
👆この感想を書いた子は、おもしろかったの前に「とっても」と書き足してくれていて、ワークショップの間もとっても盛り上がっていた…あの親子ですね😊
・すごくたのしかった
・ビーズで30こをつかってつくるのが とくにたのしかったです。
・作るのがたのしかった。👈おもしろくなかったに〇の子の感想
・かなりむずかしかった 👈「頭が爆発しそう!」と言ってたあの子かな?

次回やるときは…
・ストロー正多面体は省く。ストローと丸ビーズの両方作ったら正多面体の構造を理解する助けになるかな?と思ったのだが、ワークショップの時間を圧迫するのでやめる💧
・最初に作るビーズ6個は、もっと大きなビーズを使う。ルール②ビーズが3つ集まったら…👈ここがマスターできれば後が楽になるので、そこを分りやすくするために、もっと大きなビーズを使う。
・ハサミの使い方「てこの原理」の説明は省く。午前/午後の2回実施して、午前で時間が足りなくなっていたから午後は「てこの原理」の説明は省きましたが💧 ストロー正多面体を省くと、この説明もいらないね。
・ひもの結び方の練習は、最初のビーズ6個を作ってその最後にテグスを結ぶ直前に行う。最初に「練習」が来て、しかもそれが難しかったりするとテンション下がるのよね💧 必要になったときに教えたほうが「なぜそうするのか?」という理由を理解できるし。


※関連記事
2009/02/14 府中市青少年のための科学体験フェスティバル「ビーズ正多面体ストラップ」
2013/01/26 ふしぎ発見科学教室「ビーズ正多面体ストラップ」
Beadspolyhedrastrap1

2013/10/09 ビーズボールの作り方(丸ビーズ 6個,12個,30個)
2015/04/26 【リカタンず】 丸ビーズとテグスで作る「正多面体ストラップ」…東芝未来科学館
Beadspolyhedra

2019/04/04 丸ビーズとテグスで作る「正多面体ストラップ」…東芝未来科学館・春休みスペシャルイベント

« すっとびボールとマグヌスコップを作って飛ばす@渋谷区こども科学センター・ハチラボ | トップページ | 【切り紙モアレ】つながるかたち展03 @東京大学駒場博物館 »

クラブ活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すっとびボールとマグヌスコップを作って飛ばす@渋谷区こども科学センター・ハチラボ | トップページ | 【切り紙モアレ】つながるかたち展03 @東京大学駒場博物館 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus HTTPS対応