« すっとびボールとマグヌスコップを作って飛ばす@渋谷区こども科学センター・ハチラボ | トップページ | 【砂による組市松紋の描画】つながるかたち展03 @東京大学駒場博物館 »

2023年10月21日 (土)

【切り紙モアレ】つながるかたち展03 @東京大学駒場博物館

つながるかたち展03東京大学駒場博物館で2023/11/26(日)まで開催されています。
231021a1conectingartifacts03
CONNECTING ARTIFACTS つながるかたち展03 の中で私にいちばん刺さる作品が…

切り紙モアレ Kirigami Moiré
231021b3kirigamimoire

この作品、肉眼で見ても👇この程度で
231021b0kirigamimoire
ちょっとモアレがかかってるな~ 程度なんですが、
カメラを近づけて斜め方向からマクロ撮影すると👇
231021b1kirigamimoire
お~😲 美しい✨
👇この繊細さ!!
231021b2kirigamimoire
ん~🤔 これが「切り紙」で作った「モアレ」なの!?
改めて説明をじっくり読む…

切り紙モアレ
中村凪、岩瀬英治
微細な切り込みを入れた切り紙シートを重ねたときに現れるゆらぎの景色を切り取りました。
“七夕飾り”として慣れ親しんでいる切り紙構造ですが、実は単純に引っ張るだけでは中央部がくびれて歪んだ形状へ展開してしまいます。そのため、特に正方形に展開するような幅の広い形状は歪みなく展開変形させることが困難です。我々は微細な加工技術および引っぱり端部のつかみ方を工夫することで、歪みのない均一な展開変形を実現しました。本作品はこの展開手法を用いているため、微細でかつ非常に高い周期性が生み出すモアレ(:周期的な模様を重ねた時に生じる“ズレ”の模様)や偏光による色の見え方の変化を強く観察することができます。─中村凪
本作品は、JSPS科研費22H04954(基礎研究(s)「切り紙構造が誘起する折り紙構造の学理創出とデバイス実証」)の助成を受けたものです。

…と、会場の説明文を撮影して、それを打ち込んだんですが、
こちら CONNECTING ARTIFACTS つながるかたち展03 に、各作品の説明ページがあったのですね😅
切り紙モアレ



※関連記事
2018/01/24 モアレ(moire)…干渉縞を楽しむ
2012/06/09 多摩六都科学館の「モアレ」
2013/04/24 パンチングボードのモアレ


※駒場博物館の天井って👇こんなアーチだったんですね。
231021a3conectingartifacts03
それと、駒場博物館の前にあるヒマラヤスギですが、
231021a2conectingartifacts03
デカイね~! そして、幹の下の方で大きく枝分かれしているのが変💧
と思ったのが11年前😅👉東京大学駒場博物館前のヒマラヤスギ

« すっとびボールとマグヌスコップを作って飛ばす@渋谷区こども科学センター・ハチラボ | トップページ | 【砂による組市松紋の描画】つながるかたち展03 @東京大学駒場博物館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すっとびボールとマグヌスコップを作って飛ばす@渋谷区こども科学センター・ハチラボ | トップページ | 【砂による組市松紋の描画】つながるかたち展03 @東京大学駒場博物館 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus HTTPS対応