« 20・12面体ボールの作り方…全30ステップを並べて見る=頭の中を可視化する | トップページ | ゴムモーター実験…ゴムは温めると縮み、冷やすと伸びる。 »

2021年5月 1日 (土)

東芝未来科学館【リカタンず】『20・12面体ボールを作ろう!』2回目

Pptidb21
2021/04/03(土) 東芝未来科学館にて【リカタンず】『20・12面体ボールを作ろう!』の講師をつとめ、
2021/05/01(土) もう一度『20・12面体ボールを作ろう!』が実施されるので、1回目の『振り返り』をもとに、
パワポのスライドを作り直し、想定以上に時間のかかったPPバンドの角切りを事前に済ませ、アシスタントの皆さんには今回も開始1時間半前に入っていただき、事前研修。アシスタント4名(さかさパンダさんあうるの森さん、Nさん、Mさん)は、サイエンスイベントでのキャリアは十分。作り方をマスターするだけじゃなく、どうやったら子供たちにうまく伝えられるかを考え実践してくれる皆さんです。
で、その結果は… 想定通りバッチリ「できた~!」😊
参加した子どもたちも「できた~!」って、みんなが達成感いっぱいのイベントになったと思います✌

20・12面体ボールを作るのに要する時間は、想定30分。今回は早い子は20分で完成。全員が完成するまで40分でした。(前回は全員が完成するまで60分超かかた)
こういう工作って、早くできちゃう子と、時間のかかる子との差が大きい。早くできちゃった子が、全員ができるまで何をするか? ←ここが難しいところで、事前に考えておかなければならないところ。
今回は、メインの20・12面体ボールの他にもう一つ PPバンドのセパタクローボールも作るのだが、その作り方が載っている『理科の探検 RikaTan』も配布している。(太っ腹! というか、その分 参加費もちょい高めになってますが)
みんなより早くできてしまった子には「みんなが出来あがるまでもう少し時間がかかると思うから、その間RikaTanのこの記事を読んでPPバンドのセパタクローボールを作ってみてね」という対応ができた。

工作教室では1ステップずつ、説明してはそこまで作り、説明しては作り… という進め方もある。でもそうすると(私の経験では)かえって時間がかかってしまう。また早くできちゃう子は毎度毎度待たされるのでフラストレーションたまると思うんだよね。私は科学工作では「わかった!」「できた!」「楽しかった~」という体験をしてほしいから、「最初に作り方を全部説明するから、よく聞いてくださいね」と、14枚のスライドを一気に説明し、最後の「作り方 まとめ」のスライドを表示した状態で、
Pptidb20
「では皆さん、作ってみましょう!」
「ドジック1つとめるのに1分として、30分かかるから、がんばってね!」
「まとめの、左側3つの画像のとこまで出来たら手をあげて、アシスタントの人に間違ってないかチェックしてもらってね」というように進め、結果は…私としては大成功だったな😃

そうだ、作り方の全体像を作る前に把握しておいてほしいので、
↓この画像もスライドの中に入れておいた。
Tpp2012ball_build720px
これを表示したとき、子供たち&保護者のみなさんから「お~!」とどよめきが起こった。
「こんなスゴイのを、これから作るんだ!」と刺激を与え「やるゾ!」という意気込みが高まったかな?
そして「できた~!」ときの笑顔😃
達成感いっぱいのイベントになりました。


このイベントに参加された方のツイートがありましたので、記録として埋め込ませていただきますm(_ _)m


え~講師としての私の達成感は、ちょっと他のところにもありまして、それが「科学的なお話」ができたこと。
科学工作をする上での私のポリシーが「作っただけで終わりにしない。必ず科学的なお話もする。」なんですが、前回は作るのに手いっぱいで科学的なお話を十分にしている時間がなかった💧
でも今回は事前に5,400回チョキチョキしておいたことで、「科学的なお話」ができた! そのスライド↓
Pptidb22Pptidb23Pptidb24Pptidb25Pptidb26Pptidb27Pptidb28Pptidb29Pptidb30Pptidb31Pptidb32Pptidb33

※最後のスライドの関連記事
2021/04/29 手まり模様の秘密…中学校 数学 教科書『数学の世界1』

作り方のスライド14枚に対し、「科学的なお話」のスライドが12枚です。←ここが私が「伝えたい!」とこなので、スライドの枚数が増えちゃう😅 お話の中で「正多面体は5種類しかない!」「黄金比」「白銀比」も出てくるだけど、そこは「それを知りたい人は終わった後で質問してね」ってことで。質問してくる人がいたら説明するためのスライドも用意してある。
Pptidb46Pptidb48Pptidb47
ここまで準備しておいて、質問してくる人はいるのか!?
いたよ~! 質問してきてくれてありがとう😊


▼今回の「振り返り
今回は大成功ではありますが、反省点もあって、もしまたどこかでやるときの申し送り事項

●PPバンドのセパタクローボールの両面テープは、ニチバンのナイスタック強力タイプを使おう。
Dstape01
PPバンドのセパタクローボールに使う両面テープは「薄くて強力」でないといけない。百円ショップにも強力タイプの両面テープはあるのだが、みな基材が厚くてPPバンドを貼り合わせるには適さない。ダイソーの『強力布用両面テープ』は薄くて強力なので、これでも良い。
Dstape02
ダイソーに↑これを買いに行ったとき品切れだったので、他の「これ強力そう」なのを買って、それを今回使ったら… PPバンドのセパタクローボールを作ってる途中で両面テープが剥がれて💧💧
あ~ 一定の性能/品質が必要なところでは僅かなコストをケチっちゃダメ! ということを再認識。※今回ケチったのは金額ではなく、私が分倍河原のダイソーから、一駅となりの府中のアートマンまで行く時間と体力(これもコスト)をケチった💧

●PPバンドの「三すくみ」を理解してもらうには、グー・チョキ・パーPPバンドで「三すくみ」を組んでみる。
3deadlock1

画像を見ただけでは、作るときに「三すくみ」を組むのに???となってしまうこともあるので、作る前にグー・チョキ・パーPPバンドで「三すくみ」に組む練習をしておくとよい。これをするには参加人数分の グー・チョキ・パーPPバンドを用意する必要があるのだけどね。
炎水草「ポケモン三すくみ」PPバンドでもよい😅
3deadlock2
※あ、そうだ! PPバンドの両端または両面に、グー・チョキ・パー と 炎・水・草 を貼りつけておけば、どちらの「三すくみ」も試せるから、三すくみの理解がより進むかな。



※20・12面体ボールの関連記事
2013/07/04 PPバンドのセパタクローボールの作り方…『三すくみ』で説明
2013/07/05 PPバンドのセパタクローボールの作り方…準備編
2020/06/13 2穴パンチでPPバンドの中心に穴をあける方法…(ねじれ)20・12面体ボールを作る準備
2020/06/14 PPバンドとトジックで作る(ねじれ)20・12面体ボール(小五角・大三角Ver.)
2020/06/19 PPバンドとトジックで作る(ねじれ)20・12面体ボール(小三角・大五角Ver.)
2020/06/20 PPバンドとトジックで作る 20・12面体ボール
2020/06/21 PPバンドとトジックで作る 20・12面体ボール(PPバンド6本Ver.)
2021/04/03 20・12面体ボールを作ろう!『振り返り』
2021/04/25 20・12面体ボールを作ろう! 準備作業
2021/04/28 20・12面体ボールを作ろう!…手順を覚えるのではなく、仕組みを理解する。
2021/04/30 20・12面体ボールの作り方…全30ステップを並べて見る=頭の中を可視化する

« 20・12面体ボールの作り方…全30ステップを並べて見る=頭の中を可視化する | トップページ | ゴムモーター実験…ゴムは温めると縮み、冷やすと伸びる。 »

クラブ活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20・12面体ボールの作り方…全30ステップを並べて見る=頭の中を可視化する | トップページ | ゴムモーター実験…ゴムは温めると縮み、冷やすと伸びる。 »

フォト
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus HTTPS対応