« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月29日 (月)

ブログに「そのうち」と書いて、やってないものリスト

ブログを書いてると「書く」という行為によって色々とアイディアが沸いてくることがある。でも、すぐにそれを試すことができないから「そのうち」と書いて…
「そのうち」と書いたのに、ちっともやってないじゃないか~!というのが数多ある(汗;)
10連休なので「そのうち」と書いてやってないものを棚卸してみようかな~
どんだけあるか?。。。

ビー玉正12面体オブジェ…博物ふぇすてぃばる!2015
そろそろ、また作って作り方を記録しておかないと「技」が失われてしまうかも。そのうちやらなくちゃ。(「そのうち」と言いつつ、やっていないこと多々ありますが(^^;; )
Bdama_dodecahedron_red1 Bdama_dodecahedron_blue2

ビーズ正12面体/正20面体ストラップ…大量生産
ビー玉正12面体
※これはまだ作り方を書いてなかったな~(そのうち(^^;)
この記事のコメントに『ビー玉正多面体の作り方は、どこかにもう載っていますか?教えてください。』と小学2年生から質問があり、『はるゆきさんのコメントで、ビー玉正12面体の作り方を知りたい人がいるんだ~ということが分かりましたので、そのうちブログに載せようと思います。でも「そのうち」です。夏休み中は科学イベントで忙しく、RikaTan連載原稿もあるので、いつになるか?』と回答してる。2017/08/05 ←ダメじゃん。オレ(汗;)

正多面体展示用ボード
※作り方ノウハウをまとめておきたいのだが、そんな時間はないので、いつかそのうち…
Rpolyhedradisplayboard

鏡の中のサッカーボール
今もう一度計算しようとしても(十数年も前に計算したので)再計算は困難かも(^^; そのときは正20面体の他に、正4面体,正8面体,正6面体,正12面体の錐体鏡も作りました。それらの錐体鏡の三角形のサイズは~ 記録が見つからない… 発掘してプログに載せておかねば! そのうち。。。
↑正多面体展示用ボードを作るには、このデータが必要。

菱形12面体ラビリンスボックス(空間充填万華鏡)
アート作品にするにはもう少し工夫が必要ですね~。作ってみると次のアイディアが出てきているので、試作品2号はそのうち…
Rhombicdodecahedron_space_filling

RikaTan 2017年12月号…特集『地震』…連載『作って楽しむ正多面体の不思議』第14回 MOVE FORM
『基本形態の構造』戸村浩
面白すぎる~!
こういうのが作れるなら、こうしたら、こういう新しいのが作れるよね!
と、インスパイアーされる、されるw(*゚o゚*)w
※そのうち作りますから。
Kihonkeitainokozo

化石のレプリカ型取り用のアンモナイトを探す…ミネラルフェア新宿2015
とりあえず、型取りのお試しをするために4cmとやや大きいのを一つ買ってきましたが…
型取り、いつやれるだろう? その前にやらなくちゃならないことが色々あるので、そのうち・・・
ammonite_mineralfair2015a

「おゆまる」で作る化石(アンモナイト)のレプリカ
この化石(アンモナイト)のシリコン型をどうやって作るのか?
そのリポートは別途、そのうち(^^;
Ammonitereplica140822b

虹は七色ではない(無限です)赤紫はスペクトル上にはない
あ~そうだ、「光は1秒間に地球を7周半回らない(直進します)」という話も書いておきたいのだが… そのうち・・・

「光子の逆説」日経サイエンス 2012年3月号
量子消しゴム実験やってみた - 小人さんの妄想
スゴ~イw(*゚o゚*)w
そのうち私もやってみなくては…

ふしぎなひも
(あ~、上の写真と説明だけじゃ、不思議さが分からなくて、考えてみようという気にならないかな~。そのうち動画を載せようとは思ってるんですが・・・
Fushiginahimo01

関野さん家のお餅つき
動画も撮っているので、編集してYouTubeにアップロードしようと思うのですが~ そのうち…
Mochituki29

正20面体ボール…クリアファイルで作るクリスマスオーナメント
正20面体に限らず、正多面体5種類全部この方法で作れます。そのうち作ってみよ。
↑これに限らず、正20面体を、これでつくってみよ。あれで作ってみよ。と色々材料を買ってあるのだが、作ってないの色々(^^;
Icosaballc8

ダイヤモンド結晶構造模型を作る…HGS分子構造模型B型セット
そのうちテトラポッドで作ります。テトラポッドは鉄道模型のを使えば20個リーズナブルに入手できそうですから(^_^)v
↑鉄道模型のテトラポッドは買ったのだか…
Dodecahedron moleclar model

ジル・ボルティ・テイラー「脳卒中を語る」… 私も「脳梗塞を語る」
私が脳梗塞になった「可能性として考えられること」が2009年に浮かび上がって来た~。その話も科学的に面白いのですが、その話を書くと長くなるので、そのうち・・・

グラデーションかごめボール…丸ビーズ360個の正20面体
ん~次は… 新緑の季節なので萌黄色のグラデーションで作ってみたいな~
(そのうち… (^^;)
↑材料のビーズは買ってあるんですけどね。どこにしまったか?
KagomeBall 17

万華鏡の仕組み(合わせ鏡)
正三角形以外の平面充填図形でも万華鏡は作れるのでしょうか? 調べて、実際に万華鏡を作ってみると、新しい発見があって、これがなかなか楽しいんです(^_^)
正三角形以外の万華鏡についての説明は Coming Soon?(いつになることやら(^^;)
…2019/11/23 やっと書きました→平面充填する万華鏡の三角形は3種類だけ!?…作ってみよう

リヒテンベルク図形の作り方
こちらのページを参考にして、私もリヒテンベルク図形のシミュレーションプログラムを作ってみたいものです。
そのうち・・・←この「そのうち」というのが、いつになることやら(^^;

サイエンスアゴラ2014 №165 正多面体って意外と面白い…作ってみよう
ところで、今になって思い出したんですが、ビー玉正4面体逆立ちゴマの作り方をまだ書いてなかった(^^;
でも、サイエンスアゴラまであと一週間。それなのに準備はこれから(汗;汗;)
なので、ビー玉正4面体逆立ちゴマの作り方を書いてる時間はない。そのうち…(^^;
…2020/01/19 やっと書きました→ビー玉正4面体逆立ちゴマの作り方/ビー玉の接着方法

あ~~!『正多面体の双対…正20面体⇔正12面体、正8面体⇔正6面体をCGのアニメーションで示す。←お~そうだよ。これこそやらなくちゃ!』と書いておきながら、やってない_| ̄|○ サイエンスアゴラ2015に向けての課題ってことで・・・
↑と書いて、やってない(汗;)

悪魔の星の空間充填
エッシャーの立体(3)|空と光と虹
スゴイ~! こちらのページにある動画を見ると、「菱形12面体の星形」がどういうものなのか非常に良く分かります。
こういうCGを作れる人ってスゴイな~。私もそういうスキルを身につけたいものです。

全部で20項目もあったよ! ブログに書いてなくて頭の中に「そのうち」としまってあるものもあるから~
一つ一つブログに載せて行かなくちゃね。全部自分が書きたい/伝えたいものだから。

2019年4月28日 (日)

『フーコーの振り子』…国立科学博物館に行ったら写真を撮る

国立科学博物館には『フーコーの振り子』が展示されています。
Pendule_de_foucault_02
この振り子、科博の4階の天井からつるされている長さ19m、質量48kgの鉛の球なのですが、振り子がゆっ~くり振れてるだけで、子供たちの興味をあまり引かない展示です。
そこにある説明…『地球上の振り子は、重さや長さに関係なく振動面がある速さでゆっくりと回転するのが観測される。フランスの物理学者レオン・フーコー(1819~68)は、この現象が地球の自転のために起こることに気付き、1851年に初めて振り子によって地球の自転を実験的に証明した。』…これを読んでも「ふ~ん」ぐらいで終わちゃいますね(^^;
そこで、科博に行ったら、まずフーコーの振り子の文字盤?の写真を撮ってください。
Pendule_de_foucault_12
この時は説明なんて読まずに、他の科博の展示を見に行きましょう。
そして、帰りにもう一度フーコーの振り子の文字盤の写真を撮ってください。
Pendule_de_foucault_16
ほら!科博に入った時と、今とは文字版の表示(振り子の振動面)が変わってるよね! と気付いたら説明を読んでください。
これで地球の自転を実験的に証明したんだよ。すごいよね!
…という流れで説明しないと『フーコーの振り子』の意味を伝えるのは難しいよね~

でね、発見工房クリエイトの『フーコーの振り子ブランコ』を見て、「フーコーの振り子」の実験を遊んで体験できる!「コリオリの力」も遊んで学べる! 素晴らしい~ と思ったわけ。
科博でも『フーコーの振り子ブランコ』を設置したらいいのに~(それが難しいのは分かってますけど)せめて、ターンテーブルの上に振り子を付けた模型を脇に置いておくのどうでしょう?
せっかくの展示が『おたずねの多い展示 - 国立科学博物館[PDF]』になってるのって、「これ何?」と思う人が多いからでは?

みなさま、科博に行ったら、まずフーコーの振り子の写真を撮る。そして、帰りにもう一度写真を撮って「地球は自転してるんだね~」って感じてくださいませ。
でも、帰りはミュージアムショップに夢中になって、フーコーの振り子の写真を撮ることなんて忘れてしまいがち。(^^;


※「国立科学博物館」の記事
2016/01/25 国立科学博物館「地球館」1階の『系統広場』で学ぶ「進化」と「生物多様性」
2016/09/24 国立科学博物館 牛の胃と腸
2016/01/23 見に行ってきた~渋川春海と江戸時代の天文学者達…国立科学博物館
2013/01/18 おもちゃのカンヅメ 確率 (国立科学博物館「チョコレート展」)
2016/01/24 国立科学博物館「日本館」のドーム

2019年4月27日 (土)

発見工房クリエイトの幾何学遊具…メビウスの帯うんてい、クラインの壺ジャングルジム、鞍点すべり台、フーコーの振り子ブランコ、共振ブランコ

3/17(日)発見工房クリエイト科学教室『ふしぎなひも、ふしぎな筒。中はどうなってる?…考えて作る』の講師に行きました。そしたら、なんかおもしろい遊具があるね~
以下、遊具の名前は頭の中で「ドラえもんの声」で読んでください(^o^)

メビウスの帯うんてい
Create190317a
では、写真を見ながらメビウスの帯うんていを一周してみましょう。
このメビウスの帯「うんてい」を一周した子がいたとのこと。私にゃ無理だ。
発見工房クリエイトのサイトに、この「メビウスの帯うんてい」で遊ぶ子供たちの様子を撮った画像があります。
発見工房クリエイト|ふしぎの国のたんけん|表と裏のない世界
あ、「メビウスの帯のわたり棒」という名前だったんですか。
「メビウスの帯」画像検索
「うんてい」画像検索

クラインの壺ジャングルジム
Create190317b
私もクラインの壺の中に入ってみたかったんですが… 体が硬くなってる大人にはちょっと苦しいね~
だからガラス製の「クラインの壺」を観賞するにとどめておきます。
クラインの壺(Klein bottle)…HandMade In Japan 2013

鞍点すべり台
Create190317c
私はこれを見て、お!鞍点(あんてん)すべり台だ~!と思ったのですが、
『ポテンシャルすべり台』という素敵な名前がついていました。
発見工房クリエイト|ふしぎの国のたんけん|ポテンシャルすべり台
ポテンシャルすべり台には2本の線が描かれていて交差してますが、そこが鞍点(あんてん)です。
そして、この2本の線は曲面上に描かれてますが「直線」なんです。だから、真っ直ぐな棒を持ってきて、この線の上に置くと、ピタッと曲面に接するんです。

フーコーの振り子ブランコ
Create190317d
振り子がぶら下がってませんが、子供たちが遊んでいる様子は…
発見工房クリエイト|ふしぎの国のたんけん|フーコーぶらんこ
台がターンテーブルになっていて、「フーコーの振り子」の実験を遊んで体験できるのです!
コリオリの力」も遊んで学べる! 素晴らしい~(^o^)

共振ブランコ
Create190317e
ブランコ(振り子)は外してあって、遊ぶときに取り付けるので、子供たちが遊んでいる様子は…
発見工房クリエイト|ふしぎの国のたんけん|ふしぎの国のブランコ

黒川駅南口~散策路経由~クリエイト科学館ルートに咲いていた桜
Create190317g



※関連記事
2016/06/25 発見工房クリエイト理科実験教室『飛ぶ種の模型を作ろう、種が旅するかたちを考えよう』…楽しかったよ~
2018/07/28 発見工房クリエイト理科実験教室『貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り』
2019/03/17 『ふしぎなひも、ふしぎな筒。中はどうなってる?…考えて作る』…発見工房クリエイト・科学教室
2019/04/28 『フーコーの振り子』…国立科学博物館に行ったら写真を撮る

2019年4月24日 (水)

『ミラーシステム』は万華鏡の「仕組み」ではありません

「万華鏡 仕組み」で検索すると、万華鏡の仕組みを説明したページの中によく出てくるのが…
・2ミラーシステム
・3ミラーシステム
・4ミラーシステム
・テーパードミラーシステム
…と、鏡の枚数や形で「仕組み」を説明しているもの。
私は今から10年ほど前、とある科学館で開かれていた「万華鏡展」を見に行って、そこでこの『ミラーシステム』による万華鏡の仕組みの説明を見て「なるほど~!」と感心してしまったのですが…
その後、自分で万華鏡を作り、子供たちに万華鏡の作り方を教えるときに「仕組み」も説明しようとして、気づいてしまったのです…
これ(ミラーシステム)って、万華鏡の仕組みじゃないじゃん!

え~『ミラーシステム』で万華鏡の仕組みを説明すると、
↓こんな感じ。
Howkaleidoscope1
この説明と同じ方法で「車の仕組み」を説明してみますね。
Howkaleidoscope2
多くの人は「車の仕組み」を(人に説明できなくても)理解はしてるから、この説明が「車の仕組み」じゃないこと分かりますよね。これは単に車輪の個数による分類に過ぎないと。
だから、ミラーシステムによる万華鏡の説明は「仕組み」の説明ではないのです。単に鏡の枚数や形による「分類」に過ぎないのです。
システム」って、普通もっと複雑な物でしょ。万華鏡のミラーの様に簡単なものを「システム」って呼ぶのは、ちょと違うんじゃない?
たいしたことないのに「~システム」とか呼ぶの、箔を付けたいからじゃないの。

私が万華鏡を作っていて理解した「万華鏡の仕組み」はこちらです。
万華鏡の仕組み(合わせ鏡)

『テーパードミラーのビー玉万華鏡』の作り方 を書いていて、「テーパードミラー」で検索したら、Google先生が「テーパードミラーシステム」をサジェストしてきた。
あ~久々に万華鏡の「ミラーシステム」という言葉を見たけど、今でも万華鏡の仕組みをミラーシステムで説明しているページ多いのかな?と検索したら・・・
2019/04/21現在「万華鏡 仕組み」で検索 して、1番目と2番目はミラーシステム系の説明ですね。
万華鏡の仕組み(合わせ鏡) は3番目。

2019年4月21日 (日)

『テーパードミラーのビー玉万華鏡』の作り方

Kaleidoscope190326a
普通の万華鏡(左側)はミラーを「三角柱」に組みますが、
テーパードミラーの万華鏡(右側)は「三角錐」です。
テーパー(taper)とは『細長い構造物の太さ、幅、厚みなどが、先細りになっていること。』です。

そして、
Kaleidoscope190326b Kaleidoscope190326c
普通の万華鏡に映る像(左側)は「平面」ですが、
テーパードミラーの万華鏡に映る像(右側)は「球面」になります。
Tsm19033015  
「三角柱」の鏡に映る像は「平面」で「無限」に繰り返すのですが、
「三角錐」の鏡に映る像は「球面」で「有限」になるんです!
これが万華鏡を作っていて見つけた「万華鏡の幾何学」の面白いとこの一つなので、東芝未来科学館で『鏡の中のサッカーボールと万華鏡』をやったときは、この2つの万華鏡+鏡の中のサッカーボールを作りました。

「普通の万華鏡」って、筒に入っていて、先端にはキラキラの対象物(オブジェクト)があって、それを覗き穴から見る様になっていますが、そういうふうに作るの大変なんで、もっと手軽に万華鏡を作れるのが『ビー玉万華鏡』です。
ビー玉万華鏡も筒(紙管)に入れて作ると、また色々手間がかかるので、今回はもっと手軽に…
3枚の鏡を組み合わせて先端にビー玉をくっつけるだけの手軽な作り方にしてみました。
※これ、紙管をカットする手間がなくて準備作業が楽でイイわ(^^)

用意するもの
Kaleidoscope190326d
ポリカーボネイト・ミラー:0.5mm厚
三角柱の万華鏡用:幅2cm、長さ15cmに3枚カットします。
テーパードミラーの万華鏡用:上底2cm、下底6cm、高さ(長さ)15cmに3枚カットします。
※ポリカーボネイトミラーは青い方が裏で、表の保護シートが貼ってある側からカッターで切り込みを入れ(切り離しません。ていうか、普通の力では1回で切り離せません。)切り口を板チョコを割るように曲げると…パキッと簡単に切り離せます。
ビー玉:直径25mmぐらいのもの
ビニールテープ:16.5cm×6枚
Kaleidoscope190326e
※ビニールテープは都度16.5cmの長さにハサミで切るより、予め切ったものをカッティングマットに貼り付けておくとよいです。ビニールテープを適当な長さ出して、カッティングマットの上に置くように載せ、16.5cmの長さにカッターでちょいと切ります。
カッティングマットは表面に細かい凸凹があるので、ビニールテープがべたーとくっつかず、簡単にはがせます。こうしておくと、一人一人にビニールテープを1巻き用意する必要がないので、多人数に対応するときもビニールテープ一巻で済みます。(代わりにカッティングマットが人数分必要になりますけど。)

三角柱のビー玉万華鏡の組み立て方
長方形のミラーを3枚、青い裏側を上にしてピタッと並べます。
Kaleidoscope190326f01
ミラーの合わせ目にビニールテープを貼ります。
Kaleidoscope190326f02
15cmのミラーに対し、ビニールテープは16.5cmの長さなので、
ビニールテープは片方の端をミラーの端に合わせ、もう一方の端は1.5cmはみ出します。
ビニールテープを1枚、2枚貼ったら、3枚目は1枚目と2枚目の隙間と同じ間隔を開けて貼ります。
Kaleidoscope190326f03
3枚目のビニールテープはミラーから半分はみ出した状態です。
ミラーにテープを貼ったら裏返して、手前のミラーを折り紙を折るようにしっかり押さえながら折ります。
Kaleidoscope190326f04
この操作はミラーとミラーの間に三角形に組むときに適度な隙間を空けるために行います。
2枚目のミラーも同じように、折り紙を折るようにしっかり押さえながら折ります。
Kaleidoscope190326f05
折って戻すと、ミラーとミラーの間には適度な隙間が空いています。
Kaleidoscope190326f06
保護シートを剥がすと、きれいな鏡面が現れます。
ミラーを三角形に組みます。
Kaleidoscope190326f07
ミラーを三角形に組んだら、ビニールテープの真ん中あたりを押さえて貼り合わせ、そこから左右に、ビニールテープを上から下になぞるように押さえるときれいに貼れます。
ミラーの端に出っ張っているビニールテープを皮をむくようにひっくり返します。
Kaleidoscope190326f08
そこにビー玉を載せ…
Kaleidoscope190326f09
ビニールテープでビー玉を包むように貼ります。
Kaleidoscope190326f10
※ビー玉はビニールテープで貼っているだけなので、ビー玉がしっかり貼り付いているか確認してください。
これでビー玉万華鏡の出来上がり~
ビー玉万華鏡はビー玉の先にあるものを映し出す万華鏡なので、
例えばテープルの上のミカンを見ると…
Kaleidoscope190326f11 Kaleidoscope190326f12
ミカンがいっぱい!(^o^)

テーパードミラーのビー玉万華鏡の組み立て方
 長方形のミラーが台形のミラーに変わっただけで、組み立て方は同じです。
台形ののミラーを3枚、青い裏側を上にして扇形に並べ、ビニールテープを貼ります。
Kaleidoscope190326g03
ビニールテープはミラーの幅広い方の端に合わせ、狭い方の端は1.5cmはみ出します。
ミラーにテープを貼ったら裏返して、手前のミラーを折り紙を折るようにしっかり押さえながら折ります。
Kaleidoscope190326g04
2枚目のミラーも同じように、折り紙を折るようにしっかり押さえながら折ります。
この操作はミラーとミラーの間に三角形に組むときに適度な隙間を空けるために行います。
ミラーとビニールテープを折ったとき、時たまビニールテープがミラーから剥がれて浮き上がることがあるので、
Kaleidoscope190326g05
ビニールテープをしっかりとミラーに押しつけておいてください。
Kaleidoscope190326g06
折って戻すと、ミラーとミラーの間には適度な隙間が空いています。
Kaleidoscope190326g07
保護シートを剥がすと、きれいな鏡面が現れます。
ミラーを三角形に組みます。
Kaleidoscope190326g08
ミラーを三角形に組んだら、ビニールテープの真ん中あたりを押さえて貼り合わせ、そこから左右に、ビニールテープを上から下になぞるように押さえるときれいに貼れます。
ミラーの端に出っ張っているビニールテープを皮をむくようにひっくり返します。
Kaleidoscope190326g09 Kaleidoscope190326g10
そこにビー玉を載せ…
Kaleidoscope190326g11
ビニールテープでビー玉を包むように貼ります。
Kaleidoscope190326g12
※ビー玉はビニールテープで貼っているだけなので、ビー玉がしっかり貼り付いているか確認してください。
テーパードミラーのビー玉万華鏡の出来上がり~
またテープルの上のミカンを見ると…
Kaleidoscope190326g13 Kaleidoscope190326g14
ミカンがいっぱいボール!(^o^)
天井のシーリングライトを見ると…
Kaleidoscope190326g15
ライトボール!?
明るい日中にレースのカーテンにビー玉を近づけて見たら…
Kaleidoscope190326g16
お~!なんだこのモワモワボールはw(*゚o゚*)w
※ビー玉は焦点がほぼ球面上にある凸レンズなので、ビー玉を対象物にくっつけるようにして見ると、対象物が拡大され、レースのカーテンの場合はその繊維のが拡大されて映し出されていたのでした。
ビー玉万華鏡を色々な対象物に近づけて、ゆっくり動かしながら見ると… うわぁ~!なんだコレ!面白い~という発見することができますよ。テーパードミラーのビー玉万華鏡は、それが球面の像になるのでさらに楽しいよ(^o^)


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2833241523281943"
data-ad-slot="7698989879">


テーパードミラーの万華鏡のテーパーの角度が小さければ、映る球面は大きくなり、
テーパーの角度が大きければ、映る球面は小さくなります。
テーパーの角度により球面の大きさ:球面に映る三角形の数が変わります。
そして、テーパーの角度をどんどん大きくすると、球面に映る三角形の数はどんどん少なくなり…
とあるところで、三角形がぴったり20面=正20面体を映し出す万華鏡になるんです。
それが『鏡の中のサッカーボール』なんです。
Rph20mirrors


※関連記事
2017/10/22 万華鏡の仕組み(合わせ鏡)
Pmirrors

2020/06/29 ビー玉万華鏡の仕組み
Convexlens4

2019年4月17日 (水)

「空が青い レイリー散乱」で検索すると…

  正多面体クラブのブログの「人気記事ランキング」では今年に入ってkら『正多面体ペーパークラフト』が不動の1位なんですが、最近『「空が青いのはレイリー散乱だ」…アルドノア・ゼロ』がトップテン入りしてきてる。
へ~この記事がトップテン入りしてくるとは…
じゃぁ、
空が青い 』←最後はスペースでググってみると、
『空が青い レイリー散乱』
『空が青い 理由』
『空が青い わけ』とかがサジェストされる。
そこで、『空が青い レイリー散乱』をポチットしてみると…
Skyblue190417  
お~!『「空が青いのはレイリー散乱だ」…アルドノア・ゼロ』がトップ、しかも「協調スニペット」に出て来るよ~w(^o^)w

Googleの検索結果の順位なんて日々変わりますから、トップに出ているうちにブログに記録しておかなくちゃね(^^)v

2019年4月16日 (火)

ペットボトル正8面体の作り方…東芝未来科学館 開館5周年 春休みスペシャルイベントで体験展示

東芝未来科学館 開館5周年 春休みスペシャルイベント 春休みは 正多面体であそぼう!! で、正多面体の展示も色々したんですが、その中で意外と好評だったのが『ペットボトル正8面体』
Pet8hedron190407a2
お父さんと一緒に組み立てたよ~(^o^)v
『ペットボトル正多面体』は、ペットボトル2本で正多面体の「辺」1本とし、ペットボトルの蓋をつないで「頂点」のジョイントにしたものです。
ジョイントの蓋にペットボトルをねじ込むだけで簡単に組み立てられます。
正8面体だと、12本の辺を組んで、小さい子の背丈ぐらいの大きさになりますから、組み立てると「やったね!(^^)v」となるので、組み立てた子はみんな「楽しかった~(^o^)」ようです。
とあるちびっ子は、組み立てたペットボトル正8面体をえらく気に入り、それをかぶったまま科学館から出て行こうとしたとのこと。(上の写真の子ではありません。そういう子もいたと、あとから聞いた話です。で、そういう時は、小っちゃい子に「ダメ!」って言っちゃダメなんだそうです。「他のお友達もこれで遊ぶから、またバラバラにしておこうね。」みたいな対応をしたそうです。なるほど~)

▼では、この『ペットボトル正8面体』の作り方を説明します。
正8面体は12本の辺と、6個の頂点で構成されます。
一辺にペットボトル2本ですから、24本のペットボトルが必要です。
ペットボトルは軟な水やお茶のペットボトルではなく、ある程度強度のある炭酸飲料のペットボトルがいいでしょう。今回は「三ツ矢サイダー」のペットボトルを使っています。
24本のペットボトルをどうやって調達するか? ←これが最大の課題ですが、毎日1本飲めば、24日で集められます(^o^;

▼「頂点」ジョイントの作り方
Pet8hedron01
ペットボトルの蓋を24個用意し…
Pet8hedron02
蓋の中央にΦ6mmぐらいの穴を電動ドリルで開けます。
「三ツ矢サイダー」の蓋は3本の矢が集まったところが中央なので、ちょっとセンター出しが楽です(^^;
でも、ペットボトルの蓋に電動ドリルに木工用ドリルの刃で穴を開けるのは簡単ではない。金属加工用のドリルの刃だと滑って食いつきが悪かったです。ドリルの刃が蓋に食い込んだとき、蓋をしっかり押さえていないと、ドリルの刃に絡まってグッと持って行かれてしまうことがありました。危ない危ない…
怪我しないように十分注意してやってくださいね。

Pet8hedron03
梱包用の紐を30cmの長さに24本切ります。

Pet8hedron04
1本の紐を2つに折って、ペットボトルの蓋の穴に紐を通し、
Pet8hedron04a
4つの蓋を通る紐が互いに互いの紐の中を通るようにします。

Pet8hedron05
4つの蓋が互いに接するところまで紐を惹き絞り、
Pet8hedron06  
蓋の内側で紐を結び、穴から抜けないようにします。
(この紐を結ぶ作業をするために、ひもの長さは30cm必要でした。)
Pet8hedron07
紐を結んで、蓋を互いに引っ張って、抜けないことを確認したら、
Pet8hedron08
結び目の先の余った紐を切り落とします。
Pet8hedron09
正8面体の頂点は6個なので、6個のジョイントをつくります。

▼「辺」ペットボトルを2本つなぐ
Pet8hedron10
ペットボトルを2本ずつ尻合わせにして、梱包用クリアテープでつなぎます。
Pet8hedron11
ペットボトルの底に両面テープを貼って、
Pet8hedron12  
2本のペットボトルをピットとくっつけ、
この状態で、梱包用クリアテープ(幅5cm)をペットボトルの合わせ目にぐる~っと一周貼ります。
Pet8hedron13
炭酸用ペットボトルの底には5つの凸凹があるので、ここを互いにかみ合うようにしておくと、2本貼り合わせたあと、そこそこしっかりとくっついています。
Pet8hedron14
24本のペットボトルを2本ずつつないで、12本の「辺」を作りました~

ふ~、これで『ペットボトル正8面体』のパーツは出来ました。
組み立ててみましょう。
Pet8hedron20
ん~ 私は簡単すぎて、ちょっと「できた~!」っていう手ごたえがありません(^^;
やっぱ「正20面体」がイイな~ と思ったりしたのですが、
あと38本「三ツ矢サイダー」飲まないといけないし(ゲップ…)
今回のイベントの展示で『ペットボトル正多面体』を提案したときは「正20面体」を提案したのですが、展示場所の広さの都合で「正8面体」になりました。
でも『ペットボトル正8面体』が意外と好評だッというので、機会があったら、ペットボトル正4面体、正8面体、正20面体と(正三角形で構成される正多面体を)取り揃えてやってみたいな~
そのためには、さらに「三ツ矢サイダー」のペットボトルが72本必要なので(いつ来るかわからない、その日のために)毎日1本「三ツ矢サイダー」を飲んでます(^^;
※計96本のペットボトルをどこに置いておくんだ~!という問題もある(^^;;



※関連記事
2004/02/14 府中市青少年のための科学体験フェスティバル「鏡の中のサッカーボール」「ペットボトル正多面体」
2018/10/12 三ツ矢サイダーを飲んで…「二酸化炭素が水に溶けた~!」実験
2019/04/05 東芝未来科学館 開館5周年 春休みスペシャルイベントで『正多面体』三昧の5日間

東芝未来科学館 @toshiba_m_kakan のツイートのペットボトル正8面体がよく撮れてたので、その画像使わせていただきます。(クリックすると大きな画像で見られます。)
Pet8hedron21

2019年4月 7日 (日)

『数学とは異なるものを同じものとみなす技術である』ポアンカレの名言だよね~

『数学とは異なるものを同じものとみなす技術である』by アンリ・ポアンカレ
じゃぁ、↓これらのボールが「同じもの」だって分かるかな?
Balls190324a
「同じ」ところを探してみよう!
…という展示を、東芝未来科学館 開館5周年記念 春休みスペシャルイベント
GO!GO!5周年 春休みは正多面体であそぼう!』でしてみました。

19世紀末にトポロジーを創設したフランスの数学者 ポアンカレが
『数学とは異なるものを同じものとみなす技術である』と言った。ということを昼休みにWeb見てて知った。
トポロジーへの招待 〜 1. 座標も補助線も使わない「やわらかい幾何学」- 31歳からの数学修士
あ!この名言を添えて、セパタクローボール=20・12面体っていう展示したら面白いよね!と思いつき、展示してきたのでした。(^_^)

ところで、『数学とは異なるものを同じものとみなす技術である』で検索すると…
三乗根 on Twitter: "ポアンカレ「数学とは、異なるものを同じとみなす技術である」というツイートが出てきます。
そして『一方"算数教育の専門家"は、同じものすら異なるものだと生徒に教え込んだ。』と続く。。。
あ~!これってさー「かけ算の順序問題」と同根?
私は、異なるものの中に「同じ」ものを「発見!」するのが、数学・科学の楽しさの一つだと思う。
そんなガチガチに教えるから、算数嫌い、数学苦手が増えるんだよ~!
数学はもっと「自由」で「楽しい」んだってことを伝えてくれよ~

最初の画像にもうちょっと「同じもの」を加えてみました。
Balls190324c
右下隅の桜色のものは、パズル工房「葉樹林」さんの『6つの桜』
Sixcherry
『二十・十二面体の赤道にあたる辺は正十角形を作り、これは6面ある。』by Wikipedia なので、
『6つの桜』は6枚のパーツでできています。
Sixcherryp
セパタクローボールと、それと同じ構造のボールは6本の帯でできています。
そして、みんな 三角形が20個で、五角形が12個なんです。

※関連記事
PPバンドのセパタクローボールの作り方…『三すくみ』で説明
映画『銀の匙 Silver Spoon』でポアンカレTシャツ
二十・十二面体のトンガリ・ボール(icosidodecahedron ball)
小星型12面体のパズル(Small stellated dodecahedron puzzle)

2019年4月 6日 (土)

作って楽しむ正多面体の不思議…RikaTan 理科の探検 連載15回

RikaTan 理科の探検 に『作って楽しむ正多面体の不思議』という連載記事(全15回)を書いてました。
Polyhedra_fan15title  
そして、東芝未来科学館 開館5周年記念 春休みスペシャルイベント
GO!GO!5周年 春休みは正多面体であそぼう!』が開催され、そこで『作って楽しむ正多面体の不思議』をベースにした展示とワークショップを行いました。
やってて、来場者に説明したり、質問に答えようとしたとき…
あれ、何年何月号に何の記事を書いたんだっけ?
…自分用にまとめておかなければ…

作って楽しむ正多面体の不思議』連載15回のリストです。
※画像は各記事の元になったブログ記事にリンクしています。

第1回 鏡の中のサッカーボール 2015年 夏号
Polyhedra_fan01
第2回 ストローとゴムひもで編む正多面体 2015年 秋号
Polyhedra_fan02
第3回 丸ビーズとテグスで編む正多面体(ビーズボール) 2015年 冬号
Polyhedra_fan03
第4回 PPバンドを編んで作るセパタクローボール 2016年4月号
Polyhedra_fan04
第5回 正多面体ペーパークラフト…正20面体サイコロ 2016年6月号
Polyhedra_fan05i
第6回 ラビリンスボックス…立方体の空間充填万華鏡 2016年8月号
Polyhedra_fan06
第7回 ビー玉正4面体逆立ちゴマ 2016年10月号
Polyhedra_fan07
第8回 コーナーキューブ(再帰性反射) アポロが月に置いてきたもの 2016年12月号
Polyhedra_fan08
第9回 ヒンメリ(フィンランドの光のモビール) ストロー正8面体 2017年2月号
Polyhedra_fan09
第10回 正多面体はなぜ5種類しかないのか?実験 2017年4月号
Polyhedra_fan10
第11回 名刺3枚で正20面体 2017年6月号
Polyhedra_fan11
第12回 C60フラーレン分子模型をストローで作る 2017年8月号
Polyhedra_fan12
第13回 パスカルのピラミッド (正4面体のフラクタル) 2017年10月号
Polyhedra_fan13
第14回 MOVE FORM 2017年12月号
Polyhedra_fan14
第15回 第15回 正多面体とボール…意外と身近にある正多面体 2018年2月号
Polyhedra_fan15

以上、『作って楽しむ正多面体の不思議』全15回でした。
2015年~2018年にかけて書いていたのか~。
連載を持つって、大変でしたね~ 締め切りに追われて(^^;



※この連載以外にもう一つ記事を書いてる。
RikaTan 2018年6月号…観察・実験・ものづくり『ネオジム磁石はすごいゾ!』
Usm30 Neodym11

2019年4月 5日 (金)

東芝未来科学館 開館5周年 春休みスペシャルイベントで『正多面体』三昧の5日間

東芝未来科学館 開館5周年 春休みスペシャルイベントが盛況のうちに終わりました~(^o^)
みなさん お疲れさまでした~
Dodecarollcakes
春休みは 正多面体であそぼう!!~4月始まり正12面体カレンダープレゼント~にちなんで、12個のロールケーキを東芝未来科学館の小林さんが用意してくれていたので、関係者のみんなで美味しくいただきました。

東芝未来科学館 開館5周年 春休みスペシャルイベントで『正多面体』三昧の3日間
3/29(金) ビーズで正多面体ストラップをつくろう
3/30(土) 鏡の中のサッカーボールと万華鏡
3/31(日) ラビリンスボックス(立方体の空間充填万華鏡)
…と、さらに
4/4(木),5(金)の2日間 丸ビーズとテグスで作る「正多面体ストラップ」
…と、5日間も『正多面体』三昧のイベント講師をしてきました~(^o^)

この機会を与えてくださった、東芝未来科学館の小林さん、加藤さん、ありがとうございました。
イベントのアシスタントをしてくれた 中川さん、藤田さん、原さん、三田さん、三浦さん、高木さん、ありがとうございました。
私の個人的事情で一時は「講師できないかも!?」と危ぶまれた状況もあったのですが、みなさまのアシストにより、無事に楽しく春休みスペシャルイベントを終えることができました。
ほんとうに ありがとうございました m(_ _)m

2019年4月 4日 (木)

丸ビーズとテグスで作る「正多面体ストラップ」…東芝未来科学館・春休みスペシャルイベント

2019/4/4(木),5(金)の2日間、東芝未来科学館【春休みスペシャルイベント】丸ビーズとテグスで作る「正多面体ストラップ」の講師をしてきました。
3/29(金),30(土),31(日)にも『正多面体』三昧の3日間の講師をしていて、計5日間!
その準備と実施で、非常に達成感のある「お疲れ~」状態なので、個別にどんなことやったかブログに書いてるパワーがないので、その時使ったパワポのスライドの画像を並べておきます。

Tsm19040401

Tsm19040402

Tsm19040403

Tsm19040404

Tsm19040405

Tsm19040406

Tsm19040407

Tsm19040408
→2013/10/10 ビーズボール(丸ビーズ30個)のレシピ(作り方)

Tsm19040409

Tsm19040410
→2013/10/12 ビーズボール(90個)の作り方

Tsm19040411
→2013/04/12 かごめボール…丸ビーズ360個の正20面体
→2013/04/13 グラデーションかごめボール…丸ビーズ360個の正20面体

Tsm19040412
→2012/04/05 正多面体が5種類あることは石器時代の人も知っていた

Tsm19040413
→2012/11/04 立方八面体と正八面体の手毬(てまり)
→2012/11/05 正十二面体と正六面体の手毬(てまり)

※1回30分の中で正多面体ストラップ(ビーズ6個)を作って、お話もしていると、時間が足りなくなって…
お話できたのは手鞠(てまり)まで。
以下のスライドは、準備はしてたけど、そこまでお話する時間がなかった。

Tsm19040414

Tsm19040415

Tsm19040416

Tsm19040417

Tsm19040418
→2012/12/03 正多面体 面・頂点・辺の数

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus HTTPS対応