2017年6月27日 (火)

『あけてびっくり生茶箱』当たった~\(^o^)/

KIRINが『あけてびっくり生茶箱』プレゼントキャンペーンをやっていて(3/7~4/20)
波瑠さんがCM してまして「中身は内緒」の中身が気になる~!ので、毎日かかさず生茶を飲み、5口応募して、1つ当たった~\(^o^)/
Namachabako01
「茶箱」なので、それなりに大きい!(39×28×26 cm)
で、「中身は内緒」の中身は~
Namachabako02
「ご当選おめでとうございます。」等のパンフレットは後で見るから~
▼1段目
Namachabako03
白にお茶グリーンは【Cocolo Kitchen】お茶グラノーラ
段ボール箱の中は…
Namachabako04
KIHARA】オリジナルボウル

▼2段目
Namachabako05
小瓶が2つ…
セルフィユ軽井沢】緑茶ジャム と
【セルフィユ軽井沢】緑茶ラテジャム
段ボール箱の中は…
Namachabako06
KIHARA】オリジナルプレート

▼3段目
Namachabako07
「生茶」箱
その中身は…
Namachabako11
「生茶体験キット」
丸い缶が「カット茶葉」と「微粉砕茶葉
茶さじが2本…幅広のが「カット茶葉用」、細い耳かき状のが「微粉砕茶葉用」
そして右側…「カット茶葉用テーバッグ」と「作りかた」

▼4段目?
Namachabako08
あ、3段でおしまいのようです。
でも、この×形の凸凹は何? と、お茶グリーンの紙をとってみると…
Namachabako09
上げ底だ~
いやいや、上げ底だって楽しいですよ(^o^;
それに、3段目までで十分に楽しませてもらいました。
なかなかイイものもらちゃった(=^ェ^=)

▼この後の楽しみ…
Namachabako15
この「生茶箱」の一番の楽しみは、空になった茶箱の中に「どんな宝物を入れよかな~」ですね(^o^)/


※この「生茶箱」5口応募して、1つ当たった~!のですが、1口応募するのにバーコード12枚。5口応募したからバーコードは60枚。1人せっせと生茶を飲み、ペットボトルのラベルを剥がしては、職場の机の上に重ねていたら…「何してんの?」と聞かれるので「あけてびっくり生茶箱プレゼントキャンペーンをやっててね~」と話すと、「じゃ協力しますよ」と、皆様からご協力いただき、生茶売上げアップに貢献してしまいましたが、その結果「生茶箱」が当たった~\(^o^)/
生茶ラベル集めにご協力頂いた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

※この「生茶箱」が届いたのは5月末ごろ。
すぐにブログにアップしたかったのですが…
6/24に東芝未来科学館で科学実験工房の講師をするので、その準備で忙しかったのですよ~
東芝未来科学館【リカタンず】黄道12宮サイコロを作ろう…準備中~
東芝未来科学館【リカタンず】おかずカップ正多面体ボールの七夕かざり…準備中~
「ホチキスで留める」←これが意外と難しい~!おかずカップ正多面体ボール…東芝未来科学館
やっと一息ついて、生茶を飲みながらこの記事を書いてます。
そして次は…
7/22(土) 博物ふぇすてぃばる!4 『正多面体クラブ』今年も出展します

2017年6月 3日 (土)

第30回 東京国際ミネラルフェア(新宿)2017 に行ってきました~

今年も東京国際ミネラルフェア(新宿)に行ってきました~
そして今年も来場者プレゼントをゲットしました~(^o^)v
Mineral_fair_2017_present

私がもらった来場者プレゼントの中身は…
蛍石 Fluorite CaF2 中国
黄鉄鉱 Pyrite FeS2 スペイン
・恐竜の骨 Dinosaur-Bone ジュラ紀後期約1億5000万年前 米国ユタ州
ん~小物とはいえ、標本ラベル付きの鉱物/化石が3つ… なかなかイイね!(^o^)
Mineral_fair_2017_present_box
TIMA(Tokyo International Mineral Association)特製の箱です。
箱の蓋を開けると~
Mineral_fair_2017_present_box_open
4cm角の標本Boxが3つ。
Mineral_fair_2017_present_box_3
…って、ここまで2015年のミネラルフェアのブログ記事と同じ展開です(^^;
2015年と2017年の来場者プレゼント標本箱を並べて見ましょう~
Mineral_fair_2017_present_box_6
6個になった~(^o^)

▼では、今回もらった中の「恐竜の骨」を鑑賞しましょう。
Mineral_fair_2017_present1
パッと見、ただのカケラですが、「骨」だから断面側を観察…
Mineral_fair_2017_present1a
なんとなくツンツン出っ張ってるところは、血管が通っていた跡だったりするのかな?

▼黄鉄鉱の結晶は立方体、8面体、12面体などの形になりますが、これは12面体なりそこない。
Mineral_fair_2017_present2
でも、この1面だけはかなりイイ形の五角形(^^)

▼会場の2階にはラピスラズリの大物が展示されていました。
Mineral_fair_2017_lapis_lazuli
このラピスラズリ群青色(ぐんじょういろ)は凄い!
ところで上面は一面 群青色ですが、横は縞々ですね~
もしかして、ラピスラズリって堆積岩なの?
青金石 Lapis Lazuli 鉱物たちの庭 - Ne によりますと…『ラピスラズリは高度に変成を受けた堆積岩中に産する。』とのこと。

▼『今年は東京国際ミネラルフェアの30周年。
この間、恐竜についての知識は驚くほどに進展しました。』ということで、
会場の2階に展示されていたこのパネル…
Mineral_fair_2017_dinosaur
注目ポイントは↓ここ「現代型の鳥類」です!
Mineral_fair_2017_dinosaurbirds
赤〇は実際の羽毛恐竜の化石が発見された系統を示す。
お~!こんなに羽毛恐竜の化石が発見されているのか~!
やっぱり、鳥類は恐竜から進化してきたんだね~
…と、このパネルの写真を撮ってきたのですが…

▼ミネラルフェアの小冊子
『恐竜額のいま ~30年間の進展~』
Mineral_fair_2017_pamphlet
東京国際ミネラルフェアのチケットを購入すると、小冊子(64ページ)も一緒に手渡されます。
この小冊子、その年のテーマの化石/鉱物に関する説明記事があって、ちゃんと読むと「お~そうだったのか~!」とかなり面白いです。
またペラペラめくって見ただけですが、分岐図的に表現した「恐竜の分類」の図も出てました。
Mineral_fair_2017_pamphlet2
↓見開き2ページで タンバティタニスの復元骨格図 なんて見てると楽しい(^_^)
Mineral_fair_2017_pamphlet3

※来年も来場者プレゼントをゲットするための備忘録
・家を出るのは朝7時半
・会場に着いて待ち行列の最後尾に並んだのは 8:35
・配られた整理券番号は 127
(土曜日は先着150名様なので、なんとかセーフ。あと10分遅かったらアウト)

※関連記事
2013/6/8(土) 東京国際ミネラルフェア(新宿)に行ってきました~
2014/6/7(土) 新宿ミネラルフェア2014…アンモナイト/フローライト/ノジュール
2015/06/06(土) 東京国際ミネラルフェア(新宿)2015…今年も来場者プレゼント ゲット!
2016/10/02(日) ノジュール原石を割って三葉虫~ミネラルフェア新宿2016
あれ?2016年はプレゼントどうしたんだっけ? 6月じゃなくて10月のミネラルフェアに行ってるし…(ブログに小まめに記録しておかなくては…と思うのだが…)


※ところで、分岐図的に表現した「恐竜の分類」ですが、「分岐図」って「系統樹」じゃないの?
系統樹と分岐図の違いと共通点ってなんなのでしょうか?|Yahoo!知恵袋によりますとますと…『系統樹は、それに加えて進化距離が反映されます。材料は形態でも何でも出来るんですが、実際はほとんど塩基配列やアミノ酸配列を基にした分子データが使われます。』…お~そうか!恐竜は塩基配列を調べられないから「系統樹」じゃなくて「分岐図」なのね。
分岐学 - Wikipediaの次の記述が面白かった。
『伝統的な分類学(また古い系統学)では、ある目立つ形質だけを取り上げて進化の判断基準とする傾向がある。
例えば鳥類があることをもって進化段階が進んだものと考え、古い段階と考えられる爬虫類と分けている。しかし鳥類は爬虫類の中の1つの系統(系統樹の枝)であることが明らかである。 ヘニッヒは、このように一部の形質の変化だけを恣意的に取り上げ、「進化の段階が進んだ」かのように考えるのは科学的でないとした。

この記事も面白かった⇒鳥は爬虫類?|生きもの好きの語る自然誌

←この本 『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』というタイトルですが、「無謀」ではなく、至極妥当なんですよね。

※関連記事
2015/08/31 『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史』 面白かった~

2017年2月15日 (水)

『よなよなの月』…コンパクトデジカメで、クレーターも撮れたかな

2/15夜22:23 ふと空を見上げると…
お~!今日は『よなよなの月』だね~(^o^)
自転車を止めて、コンパクトデジカメを取り出し、セルフタイマー2秒、デジカメは自転車のサドルの上に置いて、ズーム目いっぱい… カシャシャシャシャ・・・と撮った『よなよなの月』です。
Yonayona1702152223
明暗境界線のところにクレーターらしき丸い形も なんとか撮れたかな(^^)v
ところで元祖『よなよなの月』は↓こちらです。
Yonayonamoon
あ~まだちょっと『よなよなの月』には早かったかな(^^;
2017/2/15は月齢18。『よなよなの月』は月齢20ぐらいだから、2日ほど早かった。
それと、今回見比べていて気づいたのですが、月の傾きが違いますね~
なんでだろ?
あ~それは… 今が「冬」だからだ!
冬の満月は夏の満月より高く昇るんですよ。
季節によって月が昇る高さが変わるのはなぜでしょうか - その他(自然科学)|教えて!goo
よなよなエールの月と同じ傾きの『よなよなの月』が撮れるのは、夏ですね。
ん、リアル『よなよなの月』が撮れるまで、夜空の月を見上げよう(^o^)

※関連記事
『よなよなの月』に舞妓が宙を舞う?
コンパクトデジカメで月を撮る
コンパクトデジカメで三日月と半月(上弦の月)を撮る

2017年2月 3日 (金)

2017節分の月…月齢6…明日は立春で上弦の月(月齢7)

職場の飲み会の帰り…ほろ酔いで、夜空を見上げると・・・
Moon170203
(コンパクトデジカメで)なかなかよく撮れました(^o^)v
明暗境界線がまっすぐになって「上弦の月」(月齢7)になるのは明日でしょうね。だから今日は月齢6だな。
ところで今日は節分ですが、地元「大國魂神社」の節分祭には新横綱 稀勢の里が豆まきに来て、例年の2倍の人出で2万人の人々が来たとニュースで言ってた。え!どうやったら、あそこに2万人も入るんだよ? くらやみ祭なみの人出だったのかな。そういう時は人が多すぎて身動きとれなくなるからな~(^^;
※稀勢の里は毎年大國魂神社の節分祭に来ているらしい。
稀勢の里、豆まき@大國魂神社節分祭2015

ところで、節分 - Wikipediaによりますと…『各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。』…ということは、明日は「立春」なんですか~! 毎年、寒さ厳しいさなかに「立春」とか言われても、まだ冬だろ~!と思うのですが、まもなく春が来るんですよね~ 日が経つの早くね?(^^;

※関連記事
2015/09/27 コンパクトデジカメで月を撮る
2016/11/26 『よなよなの月』に舞妓が宙を舞う?

「大國魂神社」ネタの記事は多くて、Google検索で…

2017年1月27日 (金)

府中・街中のオブジェ…『彫刻のあるまちづくり』事業…17作品

東京都府中市には、「水と緑と彫刻と」をテーマとする「彫刻のあるまちづくり」事業によって、17の彫刻作品が設置されています。
このブログでは府中・街中のオブジェ紹介シリーズとして27作品を紹介してきましたが、やっと「彫刻のあるまちづくり」事業の17作品をそろえたので、一挙ご紹介!
各作品の画像はその作品の記事にリンクしています。
は私の個人的評価です。が最高~!(^o^))

春に寄せて 山本正道 平和通り広場公園
Fuchussculpture01

無限~夏の星空 北村西望   郷土の森
Fuchussculpture02

緑光燦舞 一色邦彦   郷土の森公園
Fuchussculpture03

繭のかけ橋 中島幹夫 まゆのかけ橋広場公園
Fuchussculpture04

風にのって 大平隆洋 富士見公園
Fuchussculpture05

月に吠える'94 手塚登久夫 押立公園
Fuchussculpture06

木陰にて 黒川 晃彦   府中公園
Fuchussculpture07

りか 岩野勇三   多磨霊園駅北歩道
Fuchussculpture08

永廣隆次   生涯学習センター
Fuchussculpture09

童々広場 藪内佐斗司   桜通り広場公園
Fuchussculpture10

タクト 圓鍔勝三 四谷文化センター
Fuchussculpture11

野の花 桑原巨守   紅葉丘中央公園
Fuchussculpture12

ロバと象 バリー・フラナガン 北府中公園
Fuchussculpture13

夏引 下川昭宣   武蔵台公園
Fuchussculpture14

ヒポポタマス 明地信之   多摩川南町公園
Fuchussculpture15

地下のデイジー 若林奮   府中市美術館
Fuchussculpture16

木の耳 光島貴之   府中市美術館
Fuchussculpture17

★「彫刻のあるまちづくり事業」の不思議
「彫刻のあるまちづくり事業」で検索すると… 奈良市福岡市仙台市福島市袋井市府中市宇部市、… 意外と多くの市で「彫刻のあるまちづくり事業」ってのをやってるんですね~
私が府中市に引っ越してきて、街中を自転車で走っていると、色んなところで街中のオブジェ(彫刻)に出合いまして、「これ、なかなかイイね~(^o^)」と思っていたので、『府中・街中のオブジェ』の記事を書いてきました。で、街中のオブジェの写真を撮影していると、その作品に「彫刻のあるまちづくり事業」というプレートが付いていて、へ~そういう作品群なんですか~ じゃ、その作品を全部見てみたいな~ と、「彫刻のあるまちづくり事業 府中」で検索すると、出てくるページがこちら…
彫刻のあるまちづくり - がいどまっぷ府中
… なんだ?このページは!「彫刻のあるまちづくり事業」の作品を紹介するページじゃないのかい!?
普通はさ~ アート作品を紹介するなら、まず作品の写真、そして作者、それから作品のデータを載せるでしょ。そして、見た人は作品の写真で「実物を見てみたい!」と思ったら「どこにあるの?」と調べるよね。それなのに、作者名と作品名が並んでいるだけのページ。作品名にはリンクが張ってあり、クリックすると(作品の写真が出てくるんじゃなくて)所在地の地図が出てくる。しかも地図が出てくるのが遅い~
このページ、府中市のページだよね?  ページの右上隅には「利用規約」のリンクがある。え?もう開いて見ちゃってますけど… 何のための「利用規約」? このページ、利用者の立場に立って作られてませんね。いかにも「お役所仕事」なページです(^^;;;
こんなんだから「彫刻のあるまちづくり事業」で検索しても、府中市は1ページ目に出てこないんだよ~ トップに出てくる  奈良市 のページも似たようなもんですけどね。ページ右側にある「関連情報」で作品名らしきものをクリックすると、作品データ(写真あり)のページが出てくるところは府中市のページよりましだけど(^^;

「彫刻のあるまちづくり事業」って、税金使ってやったんですよね? 市内に設置した彫刻作品は(ちょっとは)観光資源にもなるでしょ? だから、利用者が使いやすい、「この作品を見にいきたい!」と観光客誘致にも役立つページを市が整備しておくべきだと思うのですけど。。。

2017年1月26日 (木)

府中・街中のオブジェ…『木の耳』光島貴之…府中市美術館

府中・街中のオブジェ紹介シリーズ 27作目は…
Treeear03
木の耳』 作:光島貴之です。
府中市美術館の外(南側)にあります。
Treeear04
府中市美術館は府中の森公園の中にあります。
公園の中にあるので、通りかかったとき「なんだ?この変な形のものは!」と、足を止めて、色んな角度から見てると…
Treeear05
こっちから見ると、こんな形だ~!
↓真上から見ると…
Treeear06
面白いんです(^o^)
↓この作品のプレート
Treeear01
木の耳 TREE EAR
光島貴之 MITSUSHIMA TAKAYUKI
2002(平成14)年 ブロンズ

『木の耳』ですけど、木製ではなくブロンズ製です。
作者の水島孝之さんは、盲目のアーティストなんですね。
光島貴之さんのプロフィールは…
こちらのページをどうぞ⇒光島 貴之(アーティスト) | たんぽぽの家

そうだ、この作品を目をつぶって触って、触覚で感じてみるのもイイね。

『木の耳』のそばに桐の大木があります。
Kiri130503a
五月には桐の花が咲きます。
Kiri130503b
五月の晴れた日に府中の森公園に行けば、花とアートを同時に楽しめますよ(^_^)

『木の耳』のGoogleストリートビュー

※『木の耳』は府中市「彫刻のあるまちづくり」事業17作品の中の一つです。

※関連記事
府中・街中のオブジェ…『アンとミッシェル』朝倉響子…府中の森公園
府中・街中のオブジェ…『球を囲う幕舎』保田晴彦…府中の森公園
府中・街中のオブジェ…『7月(七夕)の樹』向井良吉…府中の森公園

2017年1月25日 (水)

府中・街中のオブジェ…『地下のデイジー』若林奮…府中市美術館

府中・街中のオブジェ紹介シリーズ 26作目は…
Daisyunderground04
地下のデイジー』 作:若林奮(わかばやし いさむ)です。
府中市美術館の外(入口の前)にあります。
Daisyunderground01
この作品がなぜ『地下のデイジー』なのか? 作品のプレートより…
Daisyunderground02
『地下のデイジー
若林奮
DAISY UNDERGROUND
WAKABAYASHI ISAMU
2002(平成14)年 鉄 120×120×312.5 cm
「デイジー Daisy」とは「ひなぎく」のこと。野生の花の可憐さと、植物としての力強い生命感を表現した若林奮のシリーズの一つです。
この鉄の正方形は、地下深くにまで埋められた彫刻作品です。1枚72kg、厚さ2.5センチの鉄板が約120枚も積み重ねられて層になり、約3メートルの深さにまで及んでいます。鉄板の層は多摩・武蔵野地域に暮らした人々の時間と記憶を表現し、地下の関東ローム層の地面や樹木の年輪などの「自然」の時間層と対応するのです。埋められたら彫刻の時間を想像することで、地域の歴史や記憶と自然の姿が浮かび上がっててきます。』
ん~こういう説明に対し、「ほんとにそうか~?」と確認したくなる私(^o^;
鉄板 約120枚が地下約3メートルって… なんで「約」なの?作ったとき数えてるでしょ! 312.5 cm/2.5cm=125枚になりますけど~
Daisyunderground03
地上に出ているのは3枚だけなので、「本当に、この下に地下3メートルまで埋まってるの?」って、思いませんか?
この鉄板にはデイジーの花びらを模した穴が開いているので、「この穴、地下3メートルまで開いてるのかな?」とメジャーを持って穴の深さを測りに行ったのですが・・・
Daisyunderground05
穴の中には落ち葉が…
地上部にある鉄板3枚分しか穴は開いていなかった(^^;;
『…埋められたら彫刻の時間を想像することで、地域の歴史や記憶と自然の姿が浮かび上がっててきます。』←いやいや、この作品を鑑賞して、そういう想像をできる人どれくらいいるんだろう?

※『地下のデイジー』は府中市「彫刻のあるまちづくり」事業17作品の中の一つです。

2017年1月24日 (火)

府中・街中のオブジェ…『風にのって』大平隆洋…富士見公園

府中・街中のオブジェ紹介シリーズ 25作目は…
Kazeninotte01
風にのって』 作:大平隆洋です。富士見公園にあります。
↓作品の台座に記された題名
Kazeninotte02
『風にのって』

「富士見公園 府中」で検索すると、Googleマップには「西原公園」と出てきますが、「富士見公園」です(^^;
富士見公園は私の家から自転車で30分ほど…えっちらおっちら自転車こいで写真撮影に行ってきたのですが…
Kazeninotte03
この作品は、自転車に乗る親子(ママチャリ)ですかね?

あくまでも私個人の感想ですが…私好みの作品じゃないな。自転車30分(往復1時間)かけて写真撮影に行ってきたのに~(^^;

※『風にのって』は府中市「彫刻のあるまちづくり」事業17作品の中の一つです。

※えっちらおっちら自転車こいで行ったかいがあったな~と思った作品
府中・街中のオブジェ…『夏引』下川昭宣…武蔵台公園

2017年1月23日 (月)

府中・街中のオブジェ…『無限』北村西望…郷土の森

府中・街中のオブジェ紹介シリーズ 24作目は…
Mugen01
無限』 作:北村西望(きたむら せいぼう)です。郷土の森にあります。
北村西望氏の代表作は「長崎平和祈念像」なんだ~
井の頭自然文化園 彫刻園には平和記念像を含め北村西望氏の作品が多数展示されているんだ~
その中には「無限-夏の星座」もありますね。
↓この作品のパネル
Mugen04
『無限』としか記されていないのですが、パブリックアート 東京都府中市ホームページには『無限~夏の星空』と記載されていますね。

パブリックアートは、見る時(季節)や天候によって印象が大きく変わります。
最初の写真は2015年6月の曇りの日。
一方↓こちらは、2016年6月の晴れた日。
Mugen02
やっぱ、新緑の晴れた日はイイね~(^o^)
ところで、この作品の題は、なぜ『無限』なの?
無限の彼方を見つめているからでしょうか?
それと、この作品は北向きに設置されているのですが、それはなぜ?
『夏の星空』という副題から想像するに… 北極星を見つめているのかな?

郷土の森は広くて、この作品は入口から遠いところにありますので… 場所が一番わかりやすく掲載されているページがこちらです。⇒無限~夏の星空|府中市の彫刻
入口から遠いので、この作品のところまで歩いてきて、ちょっと疲れたら、近くの「あずまや」で休憩してください(^_^)
Mugen03

※『無限』は府中市「彫刻のあるまちづくり」事業17作品の中の一つです。

※ところで、「あずまや」って、「四阿」って書くんですか~!⇒四阿 - Wikipedia

※「郷土の森」の関連記事
・2016/01/18 府中・街中のオブジェ…『祖・蔵・魂』速水史朗…府中市郷土の森博物館
・2014/02/09 大雪の府中郷土の森で…茅葺き屋根・梅・ロウバイ

2017年1月22日 (日)

府中・街中のオブジェ…『夏引』下川昭宣…武蔵台公園

府中・街中のオブジェ紹介シリーズ 23作目は…
Natuhiki03
夏引』 作:下川昭宣 です。武蔵台公園にあります。
↓こっちから見ると…
Natuhiki04
犬の「ポチ」?って感じもしますが、
↓こっちから見ると…
Natuhiki05
です(^o^) 大きくて重量感のある作品です。
Natuhiki06
この写真を撮るために武蔵台公園まで自転車こいで行ってきたのですが、家から30分ぐらいかかるんですよ。えっちら、おっちら… 遠いな~
でも、この作品は私好み(^_^) 行ったかいがあったというものです。
Googleストリートビューで見る

↓この作品のプレート
Natuhiki01
夏引』 1999年 下川昭宣
なぜ「夏引」という題なのでしょう?
こちらのページに解説がありました。
十日町石彫シンポジウム - 下川昭宣 Akinobu Shimokawa
…ということは、新潟県十日町にも「夏引」があるんですね。他にもありますね~
碧南市藤井達吉現代美術館|《夏引》
 碧南市(へきなんし)ってどこ?→愛知県なのか。
芸術の森【1】 | .。o○水青の部屋.。o○
 このページには野外美術館の作品の画像が多数あり、このページのかなり下の方に「夏引」が出てきます。ところで、この野外美術館の作品の数々、かなり私好みなんですけど~ どこにあるの?
札幌芸術の森 野外美術館|札幌散策
 北海道・札幌か~ 行ってみたいけど、遠い・・・

※この『夏引』は府中市「彫刻のあるまちづくり」事業17作品の中の一つです。

より以前の記事一覧

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり