« 『テーパードミラーのビー玉万華鏡』の作り方 | トップページ | 発見工房クリエイトの幾何学遊具…メビウスの帯うんてい、クラインの壺ジャングルジム、鞍点すべり台、フーコーの振り子ブランコ、共振ブランコ »

2019年4月24日 (水)

『ミラーシステム』は万華鏡の「仕組み」ではありません

「万華鏡 仕組み」で検索すると、万華鏡の仕組みを説明したページの中によく出てくるのが…
・2ミラーシステム
・3ミラーシステム
・4ミラーシステム
・テーパードミラーシステム
…と、鏡の枚数や形で「仕組み」を説明しているもの。
私は今から10年ほど前、とある科学館で開かれていた「万華鏡展」を見に行って、そこでこの『ミラーシステム』による万華鏡の仕組みの説明を見て「なるほど~!」と感心してしまったのですが…
その後、自分で万華鏡を作り、子供たちに万華鏡の作り方を教えるときに「仕組み」も説明しようとして、気づいてしまったのです…
これ(ミラーシステム)って、万華鏡の仕組みじゃないじゃん!

え~『ミラーシステム』で万華鏡の仕組みを説明すると、
↓こんな感じ。
Howkaleidoscope1
この説明と同じ方法で「車の仕組み」を説明してみますね。
Howkaleidoscope2
多くの人は「車の仕組み」を(人に説明できなくても)理解はしてるから、この説明が「車の仕組み」じゃないこと分かりますよね。これは単に車輪の個数による分類に過ぎないと。
だから、ミラーシステムによる万華鏡の説明は「仕組み」の説明ではないのです。単に鏡の枚数や形による「分類」に過ぎないのです。
システム」って、普通もっと複雑な物でしょ。万華鏡のミラーの様に簡単なものを「システム」って呼ぶのは、ちょと違うんじゃない?
たいしたことないのに「~システム」とか呼ぶの、箔を付けたいからじゃないの。

私が万華鏡を作っていて理解した「万華鏡の仕組み」はこちらです。
万華鏡の仕組み(合わせ鏡)

『テーパードミラーのビー玉万華鏡』の作り方 を書いていて、「テーパードミラー」で検索したら、Google先生が「テーパードミラーシステム」をサジェストしてきた。
あ~久々に万華鏡の「ミラーシステム」という言葉を見たけど、今でも万華鏡の仕組みをミラーシステムで説明しているページ多いのかな?と検索したら・・・
2019/04/21現在「万華鏡 仕組み」で検索 して、1番目と2番目はミラーシステム系の説明ですね。
万華鏡の仕組み(合わせ鏡) は3番目。

« 『テーパードミラーのビー玉万華鏡』の作り方 | トップページ | 発見工房クリエイトの幾何学遊具…メビウスの帯うんてい、クラインの壺ジャングルジム、鞍点すべり台、フーコーの振り子ブランコ、共振ブランコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『テーパードミラーのビー玉万華鏡』の作り方 | トップページ | 発見工房クリエイトの幾何学遊具…メビウスの帯うんてい、クラインの壺ジャングルジム、鞍点すべり台、フーコーの振り子ブランコ、共振ブランコ »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり