« 発砲スチロールペーパーで(飛ぶ種)アルソミトラの模型を作る | トップページ | ノジュール原石を割って三葉虫~ミネラルフェア新宿2016 »

2016年9月24日 (土)

国立科学博物館 牛の胃と腸

「国立科学博物館 牛の胃と腸」で検索があった。
ん!あの展示↓凄いよね~!感動したよ~
Kahaku160123k8
左下が牛の胃で、その先にうねうね~~~~と続くのは牛の腸です。

牛の腸の長さってどれくらい?
「牛の腸の長さ」で検索すると…
体長の20倍 60m という数字がいくつかのページに出てますね。
でも、↑これを逆算すると 60m/20=3m になるんですが、牛ってそんなにデカかった?
この60mという数字は「最長」のようです。
「牛の解剖64: 腸 ~長い長い消化管~」 | 有限会社シェパード中央家畜診療所によりますと…『腸の長さは成牛では体長の20〜25倍もあって、大体35〜60m程になります。』とのこと。
国立科学博物館の展示から推計してみますと… うねうね~約16回 × 2.5m(推定) = 40m(乾燥して縮んでるかも?)
まぁ、だいたいそんなもんか。
でも、牛の腸の長さを数字で聞くより、実際に見ると「長げーーー!凄げ~!!」って感動します(^o^)
そして、もう一つの感動ポイントが…

牛の胃は4つ!です。
国立科学博物館の展示を見て、「ほんとだ!牛の胃は4つある~!!」って感動しました(^o^)
Kahaku160123k7
そして4つの胃の内側も示されています。
その4つの胃の内壁の画像は、こちらのページによく撮られてました。
ホルモン焼き|るりぼしの日々雑感
4つの胃の内壁の画像はこちらのページもどうぞ…
畜産ZOO鑑 > 牛には胃が4つもある【乳用牛のからだの特徴】> 胃の構造と働き

なぜ牛には胃が4つもあるのか?
こちらのページがたいへん分かりやすかったです。
セルロースを消化する動物|徒然なるままに

国立科学博物館に行くことがあったら、是非 地球館 1階 の展示をご覧ください。
ウシ(胃・腸管)|国立科学博物館
草食動物は食べた草を消化吸収するために、こんなにスゴい胃と腸を進化によって獲得したんだね~

※関連記事
国立科学博物館「地球館」1階の『系統樹広場』で学ぶ「進化」と「生物多様性」
銀の匙 Silver Spoon 2 で「逆子」を学ぶ

※ところで、上で紹介した セルロースを消化する動物|徒然なるままに このサイト凄いです。「セルロースを消化する動物」は 糖と炭水化物を科学する|徒然なるままに というページの1節なんですが、このページ長い~、けど全部読みました。なかなか面白かったです。

« 発砲スチロールペーパーで(飛ぶ種)アルソミトラの模型を作る | トップページ | ノジュール原石を割って三葉虫~ミネラルフェア新宿2016 »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発砲スチロールペーパーで(飛ぶ種)アルソミトラの模型を作る | トップページ | ノジュール原石を割って三葉虫~ミネラルフェア新宿2016 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり