« 博物ふぇすてぃばる!3 で「ネオジム磁石はすごいゾ!」語ってきた~ | トップページ | RikaTan 2016年8月号…夏の特別企画『海をめぐる19の知的冒険』 »

2016年7月24日 (日)

円形コドンテーブルのコースター (ori) 博物ふぇすてぃばる!3

去年 博物ふぇすてぃばる!2015に出展して、一日中自分のブースにへばりついていて他のブースを見る余裕などなかったのですが、今年(2016)博物ふぇすてぃばる!3 では「出展者プライベートタイム」が設けられ、一般来場者退出後、出展者同士で販売や交流できる時間がありました。←これ、なかなかイイです!
で、私がそこで買ったもの…
ブースB-36 ori で…
CodonTable 円形コドンテーブルのコースターです(^o^)
Codon table
↑スキャナーでスキャンしたので実物のイメージが伝わらないな~
↓デジカメで撮影。周囲の光が映りこんじゃうのですが、これが実物イメージ
Codon table
ところで、私がなぜこれに惹かれたかと言いますと~
「コドン表」が四角じゃなくて円形だから(^o^)
oriさんにお話を伺ったことろ、日本では四角(表形式)のコドン表が一般的ですが
「コドン表」で画像検索
海外では、円形のコドン表も使われているとのこと。
「codon table」で画像検索
…とは言っても四角い表が主流ですから、ちょとスクロールすると円形の codon table が出てきます。へ~ なるほど。

コドンは3つの塩基で1つのアミノ酸を決めます。塩基は4種類ですから、コドン表は 4×4×4=64マスになります。
円形コドン表の場合は、円を4分割×4分割×4分割=64分割したテーブルになります。そして最外周には「アミノ酸の1文字コード」が記されています。


科学イベントなどで「DNAストラップを作ろう!」という企画を時々目にします。
「DNAストラップ」で画像検索_
こういうのを作らせてるのを遠巻きに見てますと… その中で「遺伝子」「DNA」「二重らせん」「塩基配列」までは説明が出てくるのですが、「コドン」まで説明しているのに出会ったことがない。
「塩基配列」までお話しするのなら「コドン」のお話もしてもいいんじゃない?と思うのですが。
というか、一番面白いのが「DNAからタンパク質が合成されるしくみ」だと思うのです。
そのお話を子供(小学生)相手にわかりやすく伝えるのは難しいとは思いますが、比較的簡潔によくまとまってると思うのが…
NHK高校講座|生物基礎|DNAとタンパク質合成


oriさんの出展内容紹介には「X'masCard アミノ酸でメッセージが書かれたポストカード」というのがあります。
これで何で“M E R R Y C H R I S T M A S”になるんだろう?と思った私は、CodonTable片手に塩基配列を「翻訳」してみる…

atg gaa cgc cgc tat tgc cac agg ata tcc acg atg gct tct
M E R R Y C H R I S T M A S

なるほど~!

※ところで、DNAの塩基は A T G C ですが、それがRNAに「転写」されると A U G C になります。そして、コドン表は一般に U C A G と並べられているのですが、oriさんの円形コドンテーブルは T C A G となっています。なぜでしょう?

この疑問を oriさんのサイト⇒ 2016_ori_logoOrittle に質問してみました。そして、回答をいただきました~(^o^) たいへん分かりやすい「なるほど~」と思う回答でしたので、引用させていただきます。
『コドンは「RNAからアミノ酸に翻訳する遺伝コード」となりますので、RNAを構成する塩基(A・U・G・C)で表を作った方が、 「生物で実際に起きている現象」に則した形となるかと思います。
ただ、遺伝子を扱う研究をしている人達にとっては、「ゲノム(DNA)上での遺伝子 の領域」について考える機会が多く、DNA配列上で(本当はRNAを介しますが) 翻訳されるアミノ酸を示すという慣習もあります。』
ん~↑これ私にもわかります!

atg gaa cgc cgc tat tgc cac agg ata tcc acg atg gct tct
M E R R Y C H R I S T M A S

↑これはDNAの塩基配列からの「翻訳」です。
私は最初、ネットで「コドン表」で検索して出てきた  U C A G のコドン表で翻訳していたのですが、いちいち T を U に(頭の中で)置き換えるのが面倒くさくて…(^^;
T C A G の円形コドンテーブルだとコード表を引くのが簡単でした(^^)v

※oriさんの円形コドンテーブルの中央には、何やら気になる図が描かれているのですが、これ何でしょう?転写・翻訳に関わるタンパク質かな?
tRNA

ここも質問して教えていただきました。
これは tRNA(トランスファーRNA)をモチーフにした図形だとのこと。
『四つ葉型(クローバーリーフ)構造という、特徴のある二次構造をとります。』
「tRNA」の画像検索結果
お~!なるほど、これは tRNA だったのか~!
そして、まだしていなかった3つ目の質問…
「図の中の★マークは何ですか?」の答えも分かりました。
上端の★はアミノ酸がくっつくところで、
下端の★★★は Anticodon(アンチコドン) なのか~!
なるほど、tRNA はこういう構造なんだ~
とっても勉強になりました。
ありがとうございました m(_ _)m
※そして、こういう蘊蓄を知ると「買って良かった~(^o^)v」って思うんですよね~


※関連記事
『くらえ ヒトゲノム塩基配列』…ヒトゲノムは30億塩基対じゃなくて、31億塩基対なのか~
ロザリンド・フランクリン⇒生物と無生物のあいだ:福岡伸一

※私が後で読んでおこうと思う参考ページ
タンパク質の生合成(翻訳)|福岡大学 理学部 機能生物化学研究室



※“M E R R Y C H R I S T M A S”DNAストラップを作ってみました~
2016/12/23 メリークリスマス☆DNAストラップを作る

« 博物ふぇすてぃばる!3 で「ネオジム磁石はすごいゾ!」語ってきた~ | トップページ | RikaTan 2016年8月号…夏の特別企画『海をめぐる19の知的冒険』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 博物ふぇすてぃばる!3 で「ネオジム磁石はすごいゾ!」語ってきた~ | トップページ | RikaTan 2016年8月号…夏の特別企画『海をめぐる19の知的冒険』 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり