« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

博物ふぇすてぃばる!3 ガクモンからエンタメ☆1日出展枠 28票…ネオジム磁石はすごいゾ!

博物ふぇすてぃばる!第3回ガクモンからエンタメ☆結果発表! されました。
★最優秀賞・得票数80票 考古学ふぇすてぃばる! 縄文時代
★2位受賞・得票数72票 ツクツク帽子 ヘビのひみつ!~知ってるとドヤ顔できる~
★3位受賞・得票数55票 ふれあい昆虫館 本物こそ、絶対!
そして、
■1日出展枠の得票数は…
28票・・・ブース.NO (土) D-41 正多面体クラブ ネオジム磁石はすごいゾ!
15票・・・ブース.NO (土) D-21 D-22 イワシ金属化 カニと戦車
12票・・・ブース.NO (土) D-25 こうもり屋 日本産コウモリ類の頭骨標本
12票・・・ブース.NO (日) D-32 元素ドラゴン・ドラゴニウム 元素ドラゴンのひみつ
11票・・・ブース.NO (日) C-27 山眠庵(やまねあん) ニホンヤマネって どんないきもの?
10票・・・ブース.NO (日) D-36 hoccolie 成長過程をなぞる・・・ミズクラゲの生活史モビール
お~! 1日出典枠では正多面体クラブ『ネオジム磁石はすごいゾ!』がダントツですw(^o^)w
Gakumonentame2016
両日出展だったら、2倍して56票→3位入賞できたかも?
だからといって、来年両日出展したりはしません。
そんなことしたら、物販売り上げ - (出展料+諸経費)⇒赤字 なので、傷口を広げてしまいます(^^;
『ネオジム磁石はすごいゾ!』の実験・説明では「楽しかったです」「面白かったわ」「投票しとくわ。D-41ね」という流れは何回もあったのですが、「じゃ、これください。」と「売上」につながらないのが痛かった。
『ネオジム磁石はすごいゾ!』と『正多面体・双対の不思議』を語るのに夢中になってしまってましたので、売ることを忘れてた(^^;;
まぁ、「科学を楽しく面白く!」語ることが出展の目的ですので、売上はトントンでいいんですけど、赤字では・・・

※関連記事
博物ふぇすてぃばる!3 で「ネオジム磁石はすごいゾ!」語ってきた~
円形コドンテーブルのコースター (ori) 博物ふぇすてぃばる!3
博物ふぇすてぃばる!2015出展してきました~

2016年7月30日 (土)

RikaTan 2016年8月号…夏の特別企画『海をめぐる19の知的冒険』

RikaTan(理科の探検)2016年 8月号が発売されてます。
※1カ月前に発売されてるのに、博物ふぇすてばる!の方で忙しかったもので、RikaTanをブログに書くの忘れてた(^^;
Rikatan201608
夏の特別企画『海をめぐる19の知的冒険』です。
この号の中で私的に一番面白かった記事は『引き潮と満ち潮小田巻実著です。
あ~潮の満ち引きってそういうしくみで起きるのか~! なんとなく分かっているつもりでいたが、この記事を読んで「よ~く」分かりました(^o^)
『2.1 月と反対側の海が満潮になるのは、遠心力ではなく、月の引力が小さいから。』←え~そうなんだ~!
この記事には、地球と月と、その間に働く引力、公転による遠心力 等の図が示されていて、その図を見ながら説明を読むと・・・ なるほど!そうだったのか~!
『2.4 潮汐摩擦で地球自転は遅くなり、月は遠ざかる。』←これも、図を見ながら説明を読むと、なるほど!!

もう一つ「そうそう!それ知りたかったんだよ~」って記事が…
波はなぜ海岸に平行に打ち寄せるのか?早稲田卓爾
一年ほど前、ゆったり海を眺めていたとき、ふと浮かんだ疑問… 波ってさ~海岸に平行に打ち寄せるよね~。海岸はこっちからあっちに曲がっているのに、打ち寄せるときはどこでも平行になってるよ。遠く洋上で発生した波は陸に対して(必ずしも平行ではない)とある角度で打ち寄せるんだよね。それが、海岸に打ち寄せるときは、それぞれの海岸に対して平行になるのはなぜ??… という疑問が、この記事で解明されました~(^o^)v

この記事を読んで思った… 「波は海岸に平行に打ち寄せる」のと「地震波は真下から来る」のとは共通点があって「深いところほど波の速度が速い」からなんですね~

え~ 私が書いてる連載『作って楽しむ正多面体の不思議』は第6回になりまして、今回は
ラビリンスボックス…立方体の空間充填万華鏡』です。
RikaTan201608 Labyrinth box
この記事による効果か? ここ最近、このブログの「人気記事ランキング」1位は
ラビリンスボックス(立方体の空間充填万華鏡)の作り方 です。

※これまでの連載…
第1回 鏡の中のサッカーボール
第2回 ストローとゴムひもで編む正多面体
第3回 丸ビーズとテグスで編む正多面体(ビーズボール)
第4回 PPバンドを編んで作るセパタクローボール
第5回 正多面体ペーパークラフト

※次は…
10月号 ・ビー玉正4面体「逆立ちゴマ」 ←入稿済みです
12月号 ・コーナーキューブリフレクター(再帰性反射)…アポロが月に置いてきたもの

2016年7月24日 (日)

円形コドンテーブルのコースター (ori) 博物ふぇすてぃばる!3

去年 博物ふぇすてぃばる!2015に出展して、一日中自分のブースにへばりついていて他のブースを見る余裕などなかったのですが、今年(2016)博物ふぇすてぃばる!3 では「出展者プライベートタイム」が設けられ、一般来場者退出後、出展者同士で販売や交流できる時間がありました。←これ、なかなかイイです!
で、私がそこで買ったもの…
ブースB-36 ori で…
CodonTable 円形コドンテーブルのコースターです(^o^)
Codon table
↑スキャナーでスキャンしたので実物のイメージが伝わらないな~
↓デジカメで撮影。周囲の光が映りこんじゃうのですが、これが実物イメージ
Codon table
ところで、私がなぜこれに惹かれたかと言いますと~
「コドン表」が四角じゃなくて円形だから(^o^)
oriさんにお話を伺ったことろ、日本では四角(表形式)のコドン表が一般的ですが
「コドン表」で画像検索
海外では、円形のコドン表も使われているとのこと。
「codon table」で画像検索
…とは言っても四角い表が主流ですから、ちょとスクロールすると円形の codon table が出てきます。へ~ なるほど。

コドンは3つの塩基で1つのアミノ酸を決めます。塩基は4種類ですから、コドン表は 4×4×4=64マスになります。
円形コドン表の場合は、円を4分割×4分割×4分割=64分割したテーブルになります。そして最外周には「アミノ酸の1文字コード」が記されています。


科学イベントなどで「DNAストラップを作ろう!」という企画を時々目にします。
「DNAストラップ」で画像検索_
こういうのを作らせてるのを遠巻きに見てますと… その中で「遺伝子」「DNA」「二重らせん」「塩基配列」までは説明が出てくるのですが、「コドン」まで説明しているのに出会ったことがない。
「塩基配列」までお話しするのなら「コドン」のお話もしてもいいんじゃない?と思うのですが。
というか、一番面白いのが「DNAからタンパク質が合成されるしくみ」だと思うのです。
そのお話を子供(小学生)相手にわかりやすく伝えるのは難しいとは思いますが、比較的簡潔によくまとまってると思うのが…
NHK高校講座|生物基礎|DNAとタンパク質合成


oriさんの出展内容紹介には「X'masCard アミノ酸でメッセージが書かれたポストカード」というのがあります。
これで何で“M E R R Y C H R I S T M A S”になるんだろう?と思った私は、CodonTable片手に塩基配列を「翻訳」してみる…

atg gaa cgc cgc tat tgc cac agg ata tcc acg atg gct tct
M E R R Y C H R I S T M A S

なるほど~!

※ところで、DNAの塩基は A T G C ですが、それがRNAに「転写」されると A U G C になります。そして、コドン表は一般に U C A G と並べられているのですが、oriさんの円形コドンテーブルは T C A G となっています。なぜでしょう?

この疑問を oriさんのサイト⇒ 2016_ori_logoOrittle に質問してみました。そして、回答をいただきました~(^o^) たいへん分かりやすい「なるほど~」と思う回答でしたので、引用させていただきます。
『コドンは「RNAからアミノ酸に翻訳する遺伝コード」となりますので、RNAを構成する塩基(A・U・G・C)で表を作った方が、 「生物で実際に起きている現象」に則した形となるかと思います。
ただ、遺伝子を扱う研究をしている人達にとっては、「ゲノム(DNA)上での遺伝子 の領域」について考える機会が多く、DNA配列上で(本当はRNAを介しますが) 翻訳されるアミノ酸を示すという慣習もあります。』
ん~↑これ私にもわかります!

atg gaa cgc cgc tat tgc cac agg ata tcc acg atg gct tct
M E R R Y C H R I S T M A S

↑これはDNAの塩基配列からの「翻訳」です。
私は最初、ネットで「コドン表」で検索して出てきた  U C A G のコドン表で翻訳していたのですが、いちいち T を U に(頭の中で)置き換えるのが面倒くさくて…(^^;
T C A G の円形コドンテーブルだとコード表を引くのが簡単でした(^^)v

※oriさんの円形コドンテーブルの中央には、何やら気になる図が描かれているのですが、これ何でしょう?転写・翻訳に関わるタンパク質かな?
tRNA

ここも質問して教えていただきました。
これは tRNA(トランスファーRNA)をモチーフにした図形だとのこと。
『四つ葉型(クローバーリーフ)構造という、特徴のある二次構造をとります。』
「tRNA」の画像検索結果
お~!なるほど、これは tRNA だったのか~!
そして、まだしていなかった3つ目の質問…
「図の中の★マークは何ですか?」の答えも分かりました。
上端の★はアミノ酸がくっつくところで、
下端の★★★は Anticodon(アンチコドン) なのか~!
なるほど、tRNA はこういう構造なんだ~
とっても勉強になりました。
ありがとうございました m(_ _)m
※そして、こういう蘊蓄を知ると「買って良かった~(^o^)v」って思うんですよね~


※関連記事
『くらえ ヒトゲノム塩基配列』…ヒトゲノムは30億塩基対じゃなくて、31億塩基対なのか~
ロザリンド・フランクリン⇒生物と無生物のあいだ:福岡伸一

※私が後で読んでおこうと思う参考ページ
タンパク質の生合成(翻訳)|福岡大学 理学部 機能生物化学研究室



※“M E R R Y C H R I S T M A S”DNAストラップを作ってみました~
2016/12/23 メリークリスマス☆DNAストラップを作る

2016年7月23日 (土)

博物ふぇすてぃばる!3 で「ネオジム磁石はすごいゾ!」語ってきた~

博物ふぇすてぃばる!2016/7/23(土) ブースD-41【正多面体クラブ】で出展して、「ネオジム磁石はすごいゾ!」を語ってきた~
Rpolyhedra160723
10時設営開始、11時開場~17時半まで、7時間半、ずっと立ちっぱなし(お昼・トイレ休憩なし)で、サイエンスコミュニケーションしてきましたよ~ とっても疲れましたけど、楽しかった~(^o^)

博物ふぇすてぃばるに来たリカタンず原さんの感想…「関野さんのとこだけ他と異質でしたよ」←これは私にとっては好評価(^o^)
博物とは…『狭義には動物・植物・鉱物(岩石)など(博物学における「界」は動物界・植物界・鉱物界の「3界」である)』
博物ふぇすてぃばる!の出展は↑これ系が大多数。
博物とは…『自然に存在するものについて研究する学問。 広義には自然科学のすべて。』←私の認識はこっち。だって、博物館に展示されているのは動物・植物・鉱物だけじゃないよ~ だから、博物ふぇすてぃばる!に「ネオジム磁石はすごいゾ!」で出展してきました。
「ネオジム磁石はすごいゾ!」の実験を見て、説明を聞いて、「面白かったです」「楽しかったです」と言ってくれた人多数(^o^) しかし、実験キットの売りに結びつかなかったのが課題。。。
帰り道… 売れ残りの重い荷物を重く受け止め反省会(^^;
来年はこうしよう!というアイディアは出ましたので、また来年、博物ふぇすでぃばる!にエントリーします。

※関連記事
博物ふぇすてぃばる!3 ガクモンからエンタメ☆1日出展枠 28票…ネオジム磁石はすごいゾ!
博物ふぇすてぃばる!2015出展してきました~
ネオジム磁石で4つの実験が出来るキット…博物ふぇすてぃばる!2015
博物ふぇすてぃばる3…ガクモンからエンタメ★ネオジム磁石はすごいゾ!


次回のために、今回(前回)の販売数/用意した数を記録しておきます。

ネオジム磁石はすごいゾ! 12/40  (26/60)
鏡の中のサッカーボール 5/40  (10/60)
ビー玉正12面体オブジェ 0/8  (0/9)
ビー玉逆立ちゴマ 16/50  (5/50)

2016年7月18日 (月)

博物ふぇすてぃばる3…ガクモンからエンタメ★ネオジム磁石はすごいゾ!

一期一会の博物館&ミュージアムショップ『博物ふぇすてぃばる!3』が2016/7/23(土)24(日)に科学技術館で開催されます。
正多面体クラブは去年に引き続き、今年も出展します(^o^)v
7/23(土)ブースD-41です。⇒博物ふぇすてぃばる!出展者紹介…正多面体クラブ
只今 汗;汗;で準備中~

博物ふぇすてぃばる!には『ガクモンからエンタメ☆』という特別企画があります。
この『ガクモンからエンタメ☆』という企画が博物ふぇすてぃばる!を単なるハンドメイド物販イベントではない特別なものにしてると思う私は、会場で掲示する『ガクモンからエンタメ☆』POPカードに…
Gakumonentame
手書きが苦手なもので、ブース番号とテーマをプリンターで印刷。位置合わせするのが難しい。普通紙に「だいたいこのへんかな」というところに印刷してみて、POPカードの上に重ねて透かして見て、位置を調整(4回ほど試行)。まぁだいたい合ったね。というとこで、普通紙の上にPOPカードをセロテープで軽く貼り付けて、印刷… POPカード、これ1枚だけだから、失敗したらどうしよう。ドキドキ… えぃ![印刷]ボタンをポチッとな。
あ~ ちょっと上だった。それと右下隅にインクの汚れ。これは、POPカードが厚紙で右下隅がちょっと上に曲がっていたため、そこにプリンタヘッドが当たってインク汚れになってしまったようです。まぁ、いいか(^_^;

さて、これをテーブルの前に貼っておいたら目立たないから~ もうちょい目立つように…
Gakumonentame_panel
アクリルのパネルに挟んで立ててみた(^o^)v
このアクリルパネル&スタンドは昔もらったノベルティのカレンダーのものです。なかなかカッコよかったので、いつかどこかで出展することがあったらこれを使おうと、とっておいたものです。(下の台なんて、うっすら黄ばんでますけど(^^; アクリルも変色することあるの?)
ん~ これもらったのが数年前(いや10年ぐらい前かな?)。やっと出番がきたよ~(^o^;

※『ネオジム磁石はすごいゾ!』は、ネオジム磁石を使った4つの実験が出来るキットです。どんなものかは(今年はブログ書いてる余裕がないので)去年のブログをご覧ください。
ネオジム磁石で4つの実験が出来るキット…博物ふぇすてぃばる!2015

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり