« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月22日 (日)

【世界一簡単な構造の電車】を作ってみました

YouTubeのこの動画→World's Simplest Electric Train 【世界一簡単な構造の電車】

面白い!(^O^)!
と、去年の2月に動く原理についての記事を書きました。→動く原理は『右ねじの法則』
で、自分でも実験してみよ~と思いつつ… 未だにやってなくて(汗;)
理論と実験を並行して進めなきゃダメじゃないか~←自分にツッコミ(^^;

そして、やっと、作って実験してみましたので、作り方を書いておきます。
▼用意するもの
Simplest_electric_train_01
超強力マグネット4(ダイソー)
●単5アルカリ乾電池
 「世界一簡単な構造の電車」は単5乾電池の両端に円形のネオジム磁石をくっつけます。
 単5乾電池は直径10.7~12.0mmなので、これよりチョイ大きいネオジム磁石が必要です。
 そして、超強力マグネット4(ダイソー)の直径は13mm ちょうどいい大きさです。
●銅線
 どのくらいの太さの銅線がどのくらい必要なのか分からなかったので、太さ 0.55mmと 0.9mmでお試し。
 最初に買ったのが右側の2つ:東急ハンズで、0.55mm×7m と 0.9mm×5m
 その後、ダイソーで見つけたのが(真ん中の) 0.55mm×10m
※結局、百円ショップ(ダイソー)でネオジム磁石、単5乾電池、銅線を買ってくれば、300円(税抜き)でこの実験ができてしまうことが判明!意外とリーズナブル。
しかし、それ以外に一番コストがかかる物がありまして、それが↓
●銅線を巻くための丸棒
 銅線をコイル状に巻くために丸棒が必要です。コイルの中には直径13mmのネオジム磁石の「電車」が通りますから、コイルの内径は13mm+αです。直径13mmの丸棒に銅線を巻くと(人の力で巻いているので)キッチリ13mmにはならず、自然と13mm+αになります。ですから+αは気にせず、直径13mmの丸棒を探しましょう。
上の写真にあるのは、私の工作/実験グッズの中から探し出した丸棒。
透明な樹脂製パイプ(外径13mm)とアルミパイプ(外径14mm)…どちらも昔東急ハンズで買ったもの。今回は外径13mmの樹脂製パイプを使いました。

▼コイルを巻く
Simplest_electric_train_02
外径13mmの樹脂製パイプに銅線を巻きました。
上段は0.9mm×5mの銅線
下段は0.55mm×7mの銅線
パイプ(丸棒)に銅線を少し巻いたらセロテープで端を止めて、後はひたすら銅線を(なるべく隙間なくキッチリ)巻いていきます。
巻き終わったら…

▼巻いたコイルの両端を引っ張って、ビヨ~~ンと伸ばします。
Simplest_electric_train_04
銅線が隙間なくくっついて巻かれていると、電流が銅線に沿った方向以外にも流れちゃいますから、銅線のコイルの両端を軽く引っ張って、ビヨ~~ンと伸ばします。

▼「電車」を組み立てる
Simplest_electric_train_07
単5乾電池の両端(+極と-極に)ネオジム磁石をくっつけます。
重要:このときのネオジム磁石の磁極は、NS⇔SN または SN⇔NS と互いに退け合う向きにして電池の両端にくっつけます。

▼【世界一簡単な構造の電車】発進! いや、電車だから「出発進行~!」か(^^;
銅線のコイルの中に「電車」をそっと押し込みます。
Simplest_electric_train_06
お~!走ったよw(^o^)w 赤矢印のところが、コイルの中を走る「電車」です。
コイルに「電車」を入れると、1/2の確率で走ります。
でも1/2の確率で「電車」が「いやいや」と押し戻されます。こういう場合は、電車の向きをひっくり返せば、走ります。
たったこれだけの仕組みで、コイルの中を「電車」がシャーーーッと滑るように走るのを目の当たりにすると感動ですw(*゚o゚*)w

0.55mmの銅線と 0.9mmの銅線で「電車」の走りっぷりは、同じようなものでした。
細い0.55mmの銅線の方がコイル=レールを長くできますから、0.55mmでできるだけ長い銅線でコイル=レールを作りましょう。
注意:長いコイル=レールを作ってループ状にした場合、回し続けると電池が発熱します。ですから、何周も回し続けちゃダメですよ。

※関連記事
【世界一簡単な構造の電車】 これは面白い!...動く原理は『右ねじの法則』
 2017年8月↑この記事のページビューが毎日100ぐらいあります。と言うことは、夏休みの自由研究にこの記事を見に来てるということだよね~
すると、自由研究で作って、学校に持って行ったら「走らないよ~なんで~?」という汗;涙;の場面が続出しそうなので、↓この記事を書きました。

自由研究【世界一簡単な構造の電車】を持ち運ぶには…

ネオジム磁石で4つの実験が出来るキット…博物ふぇすてぃばる!2015
博物ふぇすてぃばる!3 に出展します 2016/7/23(土)



※関連リンク
世界最強「ネオジム磁石」はたった1人の実験から生まれた|ITmedia NEWS

2016年5月 8日 (日)

正12面体の「小春」ライト…山際照明造形美術振興会(Lighting Art Gallery)

久々に秋葉原に行ってパソコンショップ巡りをしている途中で見かけた…
Lightingartgallery160423a
お~!このペンダントライト なかなかイイじゃん(^_^)
Lightingartgallery160423b
正12面体だよ~!
Lightingartgallery160423d
桜色バージョン イイね~
Lightingartgallery160423c
これも正12面体

ここはどこだ?
看板とかなく、入口のガラスドアに『山際照明造形美術振興会』ふ~ん
(財)山際照明造形美術振興会 - Lighting Art Gallery
このサイトの「Lighting」を見てみると~
あ、桜のライトはこれですね!
CoharuLight Pendant and Stand  「小春」ライトか~(^_^)
『Frame:JAPANESE PAPER. PET』とあるから、和紙とPET(ポリエチレンテレフタラート)で作られているんですね。
『SAKURA COLOR (LED) のみ手元スイッチで桜色と電球色へ切り替えできます。』あ、桜色はフレームの色ではなくて、光源の色なんですね。

正12面体の各面に丸い穴あきライトはこれ
ORBITAL / Kafti
「ORBITAL」って「軌道」だよね? … 「環状の」っていう意味なのか。
「Kafti」は? 照明のデザイン会社/ブランドなのかな?
「Kafti」の画像検索結果

※ところで「ペンダントライト」の「ペンダント」って何?
私が「ペンダント」でイメージするのは首からぶら下げる装飾品なんですけど…
「ペンダント 意味」で検索
1. 胸などにぶらさげるアクセサリー。さげかざり。
2. 天井からつるす型の電灯。
ペンダント - Wikipedia …『ペンダント (pendant)とは、ぶら下げたり、吊り下げて用いる、さまざまなものを指すための言葉。』
あ~ そゆこと(^_^)

※関連記事
大人の科学「AKARI折り紙」は十二・二十面体と立方八面体
紙のランプシェード…東急ハンズ渋谷店で
正20面体ランプ ICOSA LAMP
斜方立方八面体ランプ(Rhombicuboctahedron lamp)
20・12面体ランプ

2016年5月 4日 (水)

映画「ちはやふる」チケット半券でオリジナルグッズ…マウスパッド

映画 ちはやふる -下の句- 観てきました~(^o^)
よかったよ~ (-上の句-に引き続き)うるうるしてしまった~!
そして、映画のチケット半券を持って、府中市観光情報センターに行って…
映画「ちはやふる」ロケ地巡礼キャンペーン…チケット半券で各市のオリジナルグッズプレゼント!!
府中市は…「ちはやふる」オリジナルマウスパッドです。
Chihayafuru_mousepad
このマウスパッドに載っている写真は…
「千早と太一が住むまち“府中”」の
(ロケ地)東京都府中市『府中四谷橋』と
(ロケ地)東京都府中市『清水下小道』 ←え~!この道に『清水下小道』なんていう洒落た名前があったの~!?
※この坂道については→映画『ちはやふる』ロケ地 in 府中

さて、それでは-下の句-の鑑賞ポイントですが…
それは~ ダティベアグッズです!(^o^)
Chihayafuru_in_fuchu2015g
↑これは「ちはやふる in 府中2015」で展示されていた映画小道具の数々ですが、これらが映画の中に出てきたよ~(って、あたりまえか)
-下の句-での一番重要な(笑える)小道具が「原宿限定!ダディベアタオル」なんですが、それは上の画像の右端に"Daddy Bear"の"D"だけ…(^^;

で、千早がダディベアTシャツを着て練習しているシーンで…
Daddybear160503d
ダディベアどら焼きを食べてきました~
映画「ちはやふる」を観ながら食べる「ダディベアどら焼き」の味は格別でした。(^o^)

え~と、-下の句- は -上の句- よりうるうるポイントが多かったと思うのですが、その中でも意外なところでうるうるしてしまったのが、北央学園の(ドSの)須藤が千早に↓これを渡すシーン
Chihayafuru_in_fuchu2015j
「北央学園 競技かるた部 全国大会対策 マル秘 ファイル」
このファイルに込められた競技かるたに青春をかける若者たちの想いは・・・
映画「ちはやふる」をご覧ください。

それと、原田先生の「個人戦は団体戦でもあるんだよ。」
「え、それはどういうことですか?」
それを語るシーンはなく、個人戦のシーンに入っていくのですが・・・
「個人戦は団体戦」 そういうことだったのか~!!
もう、うるうるが止まりません。。。

※映画のエンドロールって「長げ~よ」と思うことありますよね。
でも、うるうるしてしまうイイ映画を観た後は、このエンドロールは「ちょうどいい」長さです(^_^)

※関連記事
映画『ちはやふる』ロケ地 in 府中
ちはやふる in府中2015 に北海道網走から来てる人がいた~!
ちはやふる『ダディベアどら焼き』…菓子の青木屋 ←それは食してみなければ!
ちはやふるサブレ~ ついにゲット!
ちはやふる(十八)でまたしても、うるうるしてしまった~
ちはやふる(二十九)でまたしても、うるうるしてしまった~
ちはやふる-上の句-下の句-結び-高校かるた大会の知られざる出場校『葦ヶ峰第一高等学校』

2016年5月 3日 (火)

ちはやふる『ダディベアどら焼き』…菓子の青木屋 ←それは食してみなければ!

今朝(4/28のツイートですが)菓子の青木屋の↓このツイートを見た。

お~!『5/2(月)より、けやき並木通り店でダディベアどら焼きを販売予定です!』←それはゲットしなければ! 今日は5/3(火)ですが、くらやみ祭の期間中は販売してるかな?と…
開店10時に着くように家を出て、青木屋の店内を見回しても「ダディベアどら焼き」は見当たらない(汗;)
映画「ちはやふる」のパンフレットを並べている店員さんがいたので聞いてみた。
「あの~ ダディベアどら焼きは無いんですか?」
「只今売り切れておりまして、本日1時ごろに再入荷予定です。」
「1時ですね。また来ます!」
…そして、ゲットしました「ダディベアどら焼き」を!!
Daddybear160503a
千早ちゃんは、なんでこんな「おじさんクマ」キャラが好きなんでしょうね?
↓ダディベアどら焼きの「餡」
Daddybear160503c
ダディベアの顔をガブリと食べてしまった画像ではなんなので、食べる前に横から撮ってます(^^;

ものは青木屋さん定番の『日々是くろどら』ですから、袋を開けると、黒糖どら焼きの香りが~~
ん~早く食べたい!
しかし、ぐっと堪えて写真撮影…
Daddybear160503d
ダディベアどら焼きの皮のフワフワ感が伝わるくらいアップで…
ん~ ダディベアをこうして何度も見ていると、だんだん「愛嬌ある顔じゃん」と思えてくるのが不思議(^o^)

さらに、菓子の青木屋さんのツイート↓

(^o^) ん、そうだよね!
ダディベアどら焼きを食べているのが絵になるのは、千早より周防名人です。←菓子の青木屋さん、ちゃんと「ちはやふる」読んでますね~(^_^)

もう一度、ダディベアを鑑賞~(^o^;
Daddybear160503b
※関連記事
ちはやふるサブレ~ ついにゲット!
焼きたて半生チーズケーキは美味しい~!青木屋工場まつり
アニメ『ちはやふる』に大國魂神社~と『くらやみ祭』のCM

2016年5月 2日 (月)

RikaTan 2016年6月号…連載『作って楽しむ正多面体の不思議』第5回 正多面体ペーパークラフト

RikaTan(リカタン 理科の探検)2016年6月号が発売になりました。
Rikatan201606

特集『花の秘密に科学で迫る!』です。
そして、連載『作って楽しむ正多面体の不思議』は第5回になりまして、
今回は『正多面体ペーパークラフト…正20面体サイコロ』です。
Rikatan201606p
みなさん、普通の(立方体の)サイコロを振って不満に思ったことありません?「なんで6までしか出ないんだよ~!」って。←ここがつかみ。
〆は「正20面体サイコロは乱数発生器」…『だから、たぶん、あなたは毎日 乱数を使っているんです。』と、「乱数」を身近に感じてもらうこと(^^)v

※これまでの連載…
理科の探検2015夏号…新連載『作って楽しむ正多面体の不思議』
 『鏡の中のサッカーボール
理科の探検2015秋号…連載『作って楽しむ正多面体の不思議』第2回
 『ストローとゴムひもで編む正多面体
理科の探検2015冬号…連載『作って楽しむ正多面体の不思議』第3回
 『丸ビーズとテグスで編む正多面体(ビーズボール)
RikaTan 2016 4月号…連載『作って楽しむ正多面体の不思議』第4回
 『PPバンドを編んで作るセパタクローボール

※次は…
8月号 ・ラビリンスボックス…立方体の空間充填万華鏡 ←昨日やっと第1稿アップ(汗;)
10月号 ・ビー玉正4面体「逆立ちゴマ」
12月号 ・コーナーキューブリフレクター(再帰性反射)…アポロが月に置いてきたもの
※原稿を書くたび毎度思うんですが、もっと早く原稿をあげなくては・・・

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり