« RikaTan 2016 4月号…特集『ニセ科学を斬る!2016』 | トップページ | 「手順を覚えるのではなく、仕組みを理解する」…100回もリツイートされてビックリ! »

2016年2月28日 (日)

RikaTan 2016 4月号…連載『作って楽しむ正多面体の不思議』第4回 PPバンドを編んで作るセパタクローボール

RikaTan(リカタン 理科の探検)2016年4月号が発売になりました。
RikaTan201604

特集『ニセ科学を斬る!2016』です。
そして、連載『作って楽しむ正多面体の不思議』は第4回になりまして、
今回は『PPバンドを編んで作るセパタクローボール』です。
RikaTan201604p1819

PPバンドのセパタクローボールの作り方を説明するために、その作り方の手順を1ページ半使って説明しているのですが、今回の記事で一番伝えたかったことは、「手順を覚えるのではなく、仕組みを理解する」っていうこと。

仕組みを理解すると、応用がきくんです。
↓こんな風に…
▽これがPPバンドのセパタクローボール
Fig01
▽もう一回り大きいPPバンドのサッカーボール
Figs
▽さらに大きい籠目(かごめ)ボール
Figk
この3つに共通することは…「五角形の穴の数は常に12個なんです。」

さて、これまで季刊だった『理科の探検』は、今号から隔月刊になりました。なので、これまで3ヵ月に1本書いていた原稿を、2ヵ月に1本書かねばなりません。既に次号(6月号)の原稿執筆・検討真っ盛りです。なのに、私は… まだ原稿に着手していません(汗;)
何を書くかは、前回決めてある…
※今後の連載ネタ…(備忘録)
・正多面体とボール…意外と身近にある正多面体 次はコレ の予定だったのですが…
・ダイヤモンドの結晶模型…正8面体と切頂4面体
・正多面体はなぜ5種類しかないのか?実験
・正多面体の面・辺・頂点の数…双対の不思議
・正多面体ペーパークラフト(サイコロ) ←こっちになってしまった(^^;
・万華鏡のしくみ…合わせ鏡・平面充填・空間充填
・コーナーキューブリフレクター(再帰性反射)…アポロが月に置いてきたもの
・フラーレン,カーボンナノチューブのストロー分子模型
・フィンランドの光のモビール「ヒンメリ」と正8面体
・ビー玉正4面体「逆立ちゴマ」

さぁ、原稿を書かなくては。。。
でも、その前に済ませてしまわなくてはならないアレがある(汗;焦;)

※これまでの連載…
理科の探検2015夏号…新連載『作って楽しむ正多面体の不思議』
 『鏡の中のサッカーボール
理科の探検2015秋号…連載『作って楽しむ正多面体の不思議』第2回
 『ストローとゴムひもで編む正多面体
理科の探検2015冬号…連載『作って楽しむ正多面体の不思議』第3回(ビーズボール)
 『丸ビーズとテグスで編む正多面体(ビーズボール)

« RikaTan 2016 4月号…特集『ニセ科学を斬る!2016』 | トップページ | 「手順を覚えるのではなく、仕組みを理解する」…100回もリツイートされてビックリ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RikaTan 2016 4月号…特集『ニセ科学を斬る!2016』 | トップページ | 「手順を覚えるのではなく、仕組みを理解する」…100回もリツイートされてビックリ! »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり