« 『あした葉の天ぷら』を食べて青ヶ島に行った気になる分倍河原・きよ楽 | トップページ | サイエンスアゴラ2015『作って楽しむ万華鏡の不思議』で出展します »

2015年8月31日 (月)

『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史』 面白かった~

Phylogenetictree
系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史 (BERET SCIENCE)

この本は面白かった~(^o^)
系統樹をさかのぼる旅から『地球上の生き物はみんな親戚だった。』ってことがよく分かります。

イギリスの博物学者チャールズ・ダーウィンは、「あらゆる生物は1つの先祖から進化したものである」という考えにもとづき、考えを巡らせ、実験・観察を繰り返し、1895年に『種の起源』という本を出版しましたが、この本「系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史」は最新の分子系統学に基づいて「あらゆる生物は1つの先祖から進化したものである」ということを豊富な資料(生きものフォト約600点、系統樹マンダラ9点)と共に語ってくれます。

「進化」という概念は、人に都合がいいように解釈されています。「人は他の動物より進化した最も優れた動物である」とか。でもこの本の中で、ダーウィンが次のように言っていると知りました。
1つの動物が他の動物よりも高等だとするのは不合理である
お~そうですよ!進化を理解する上で、これ↑とっても大事な考えだと思います。

系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史」では進化の歴史を「系統樹マンダラ」で示しています。この系統樹マンダラを眺めていると、進化の旅に浸れますよ~(^o^)
系統樹マンダラがどんなものか、一つ例示させていただきますm(_ _)m
Phylogenetictree03
動物界の系統樹マンダラ (こういう系統樹マンダラが9点掲載されているんです)

今年の夏、私は東芝未来科学館で【リカタンず】貝殻の標本とタカラガイのストラップ作りの講師をするので、その中で「進化」や「生物多様性」のこともお話したいな~と思っていて、この動物界の系統樹マンダラを見ていて、面白いことに気づきました…
Phylogenetictree04
羊膜類(ここにヒトが含まれます)
棘皮動物門(ここにウニが含まれます)
軟体動物門(ここにがふくまれます)
そして思いついたのが…
Shellst35
『貝/ウニ/人間 近いのはどれとどれ?』
貝とウニはどちらも海に生息し殻を持つ生きものですから、貝とウニが近縁だと思いますよね~
でも系統樹マンダラを見ると~
解説はこちら→貝/ウニ/人間 近いのはどれとどれ?

ん~「進化」って面白いですね~(^o^)


※国立科学博物館「地球館」に行くと、床一面の系統樹と、壁一面の生物標本が見られます。スゴいです!
国立科学博物館「地球館」1階の『系統樹広場』で学ぶ「進化」と「生物多様性」

« 『あした葉の天ぷら』を食べて青ヶ島に行った気になる分倍河原・きよ楽 | トップページ | サイエンスアゴラ2015『作って楽しむ万華鏡の不思議』で出展します »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『あした葉の天ぷら』を食べて青ヶ島に行った気になる分倍河原・きよ楽 | トップページ | サイエンスアゴラ2015『作って楽しむ万華鏡の不思議』で出展します »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり