« デザフェスでくるくる回っていたシャボン玉のオリジナルは『くるくるレインボー』 | トップページ | 『江戸の暦と天文学すごろく』面白かった~理科の探検2015夏号 »

2015年5月28日 (木)

理科の探検2015夏号…新連載『作って楽しむ正多面体の不思議』

理科の探検(RikaTan)2015夏号が発売になりました。
Rikatan2015s

私、一昨年の12月に『理科の探検』の企画委員・編集委員に加えさせていただきまして、1年間はROM(Read Only Member)だったのですが、2015春号で連載が終わるものがあり、新たに「連載希望はありませんか?」とメーリングリストに流れました。ROMの私は、そのまま流してしまうところだったのですが、さかさパンダさんより「ぜひ、連載執筆に立候補してください!」と勧められまして、ん~どしよかな~?…RikaTanは季刊だから年4回ぐらいは原稿書けるよね~ それにこれは正多面体工作をサイエンスコミュニケーション活動している皆さんに知っていただけるイイ機会だよね~ よし!連載執筆に立候補しよ(^_^)

そして、理科の探検2015夏号からの新連載『作って楽しむ正多面体の不思議
P2829
第1回『鏡の中のサッカーボール』です。
ん~自分が書いたものが紙の雑誌に印刷されたのを手に取ると、ブログでは得られない「重さ」がありますね~(^o^;

原稿を書いていて思ったこと… ページ数の決められた原稿を書くのは、ブログにはない苦労がありますね。ブログではページ数なんて概念自体がないですが、紙の書籍の場合ページ数きっちりにしなくてはならない。この文章ではうまく伝えられないな~ あれやこれや色々伝えたいことはあっても、文字数が足らない。。。
RikaTanの編集はメーリングリスト上で編集委員の人たちの検討メールが飛び交い、原稿が推敲され、ブラッシュアップされて出来上がります。私の原稿に対する検討メールのコメント(指摘)を読み、「ん、そうだよね。ここんとこ分かりにくいよね。…画像を追加して説明しないと伝わらないよね。でもそうすると3ページに収まらない~ どうしよ。お、そうだ・・・」てな感じで原稿が出来上がったのでした。

« デザフェスでくるくる回っていたシャボン玉のオリジナルは『くるくるレインボー』 | トップページ | 『江戸の暦と天文学すごろく』面白かった~理科の探検2015夏号 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デザフェスでくるくる回っていたシャボン玉のオリジナルは『くるくるレインボー』 | トップページ | 『江戸の暦と天文学すごろく』面白かった~理科の探検2015夏号 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり