« ガラス工房すみれ 一輪挿し「ビーナス」の奇妙なフォルムが美しい~ | トップページ | 羽生vsカスパロフ…チェス王者カスパロフ氏はどんだけ強いのか! »

2014年11月28日 (金)

羽生名人 vs. チェス王者カスパロフ氏

ITmediaニュースで『日本最強のチェスプレイヤー羽生名人、コンピュータに敗れた“人類代表”元世界王者カスパロフ氏と対局
お~!その対局が今日11/28(金)午前10時から行われるんだ~
へ~!将棋の羽生名人って、チェスでも日本最強なんだ~!
まぁ、探索木の深さ広さから考えるに、私の理解は… 将棋⊃チェス だから、将棋の名人がチェスも強いというのは当然のように思います。
それより、このニュースで私を引きつけたのは「カスパロフ氏」の方。
しかも『コンピュータに敗れた“人類代表”元世界王者』なんてタイトルがついちゃってますよ~(^^;
でもね、チェスプログラムが人間(グランドマスター)に勝つまでには長い道のりがあったのです。

私の手元にスクラップしていた記事を掘り起こして来ました~
Science199012
日経サイエンス 1990年12月
コンピューターはチェス名人に勝てるか
許峯雄/T.アナンサマラン/M.キャンベル/A.ノバジク
機械はまず素人プレイヤーを完全に征服し、
それからマスターを、今やグランドマスターをも破った。
次は大名人カスパロフに勝つことができるであろうか?
Science199012b
この記事の最後の文章が非常に印象的で、本質を突いてます。
『盤越しに2つの意見が衝突したとき,極めて才能に恵まれた1人の天才と,数代にわたる数学者,コンピュータ科学者,エンジニアの共同作業とが対決することになる。この結果は,機械が思考能力を持つか否かということではなく,むしろ,人間の集団的な努力が,最も才能のある個人が到達した最高の芸に勝るかどうかを明らかにしてくれるものと,私たちは思う。』

それから苦節6年・・・ 1996/02/10 コンピューター、チェス王者を破る
Asashi19960210
え~こういう記事は、必ず 人間対コンピュータという切り口で報道されますが(その方がインパクトあるもんね)、でも日経サイエンスの記事にあったように、これは人間対人間『極めて才能に恵まれた1人の天才と,数代にわたる数学者,コンピュータ科学者,エンジニアの共同作業』との対局なのです。コンピュータは(まだ)ただの道具です。

※関連記事
羽生vsカスパロフ…チェス王者カスパロフ氏はどんだけ強いのか!
囲碁≫将棋≫チェス…天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る

« ガラス工房すみれ 一輪挿し「ビーナス」の奇妙なフォルムが美しい~ | トップページ | 羽生vsカスパロフ…チェス王者カスパロフ氏はどんだけ強いのか! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガラス工房すみれ 一輪挿し「ビーナス」の奇妙なフォルムが美しい~ | トップページ | 羽生vsカスパロフ…チェス王者カスパロフ氏はどんだけ強いのか! »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり