« ヒンメリ…ストロー正8面体×6複合体を作ってみた | トップページ | 2014青少年のための科学の祭典 東京大会in小金井「ストローとゴムひもで作る正多面体」準備中~ »

2014年8月26日 (火)

ヒンメリ…ストロー正8面体×19複合体を作ってみた

ヒンメリ…ストロー正8面体×6複合体を作ってみたので、もう一回り大きいのも作ってみた。
Himmeli19a
ストロー正8面体×19複合体です(^o^)
ストロー正8面体を19個つなげた立体で、
↓中央の段には3×3個のストロー正8面体が並んでいます。
Himmeli6j
この上に2×2個、さらにその上に1個のストロー正8面体をつなげ、反対側にも同様につなげてますので、全部で19個のストロー正8面体で構成されています。
ストローは φ4mm 長さ3cm 168本です。
正8面体と正8面体の間には正4面体があり、正4面体の数は32個です。

ヒンメリ…ストロー正8面体×6複合体を作ってみたで、『この作り方はダメです。もっとエレガントな作り方があるハズです。』と書いていますが、もっとエレガントな作り方=1本のゴム紐で編む技を考えるより前に「もう一回り大きいのを作ってみたい~」ので、作ってしまいました。
Himmeli19g
ストローを長さ3cmに168本切り…実は正確な本数を計算するのが面倒だったので、200本もあれば足りるだろう。と200回ハサミでチョキチョキ(^^;
ゴム紐はφ4mmのストローに4回通すので「1本丸」という太さのゴム紐を90cmの長さに19本切って、編みます…
3×3個のストロー正8面体を編むまでは、まぁ比較的簡単なんですが、その先が大変!
Himmeli6k
先が「く」の字に曲がったピンセットを使い、φ4mmのストローに1本丸のゴム紐4回通すのはやっとこさ… ゴム紐をピンセットでちょっとずつ(2mmぐらいずつ)押し込んでいきます。ふ~疲れる(^^;
ヒンメリ…ストロー正8面体×6複合体を作ってみたで、『この作り方はダメです。もっとエレガントな作り方があるハズです。』と思いましたが、ストロー正8面体×6複合体でこの大変なところはたったの2箇所。大変だけど出来てしまえば嬉しいので「もう一回り大きいのを…」作り始めてしまったのですが、作りながら「え~!この大変な箇所が10箇所もあるじゃん(´Д`)」と気づいてる私。
『この作り方はダメです。もっとエレガントな作り方があるハズです。』と強く思ったのは、こっちを作っているときでした(^^;
まぁ、それでも作り上げました。制作時間 約5時間!

出来上がりを眺めてみる…
Himmeli19e Himmeli19d Himmeli19c Himmeli19b
出来上がりを見るとちょっといびつなところがあります。ストローを3cmの長さに168本切れば、1mm程度の誤差はありますから、それが積み重なってこの出来。
ストローをもっと長く、例えば6cmにすれば、相対誤差は半分になりますから、見た目はもっと良くなるハズです。
さらにストローの長さを4倍:12cmにすれば、見た目はさらに良くなると期待されます。でも、長さを4倍にすると、体積は4×4×4=64倍にもなってしまい、そんなデカいものを置いておくスペースはないので、それは作りません(^^;


え~これを作っているのは単に「作ってみたい」だけじゃなくて、もっと積極的な理由がありまして~
8/31(日)青少年のための科学の祭典 東京大会 in 小金井が開催されます。
私はこれに『№21 ストローとゴムひもで作る正多面体 科学体験クラブ府中 S106』で出展します。以下の3つのストロー正多面体作りを予定しています。
Straw_polyhedra
ストロー正4面体→正8面体→正20面体の順に作ります。
全部作るんじゃなくて、「自分はここまで作ったからもうおしまい」と納得するところまで。
それぞれの推定制作時間は…
正4面体(ストロー6本):約6分
正8面体(ストロー12本):約12分
正20面体(ストロー30本):約30分
全部作ると48分もかかります(^o^;
だから、たいていの子は正8面体でおしまいにするのじゃないかと予想してます。
でも、中には「これ面白い!作り方分かった~。あと30分かけても正20面体を作りたい!」って子がいるんじゃないかな~?と期待してます(^o^)

当初は「3つのストロー正多面体のうち、どれを作る?」って一つを選ばせようと考えていたのですが、それだと正20面体を選んで挫折_| ̄|○ というケース多数と予測されます。
ここはやはり基本から…ストロー正多面体:正4面体→正8面体→正20面体で作り方のルールが違うのはたった一箇所!この順に作ると正20面体まで作れる子がかなりいます。

科学イベント/科学教室で「ストロー正多面体」をやって、私が一番伝えたいことは…
ストロー正多面体の「まとめ」をご覧下さい。

ストロー正4面体→正8面体→正20面体まで作った子供たちに「こんなのも(頑張れば)作れるよ!」と、ちょっと高い目標も示しておきたいので『ヒンメリ…ストロー正8面体×6複合体,×19複合体』を作ってみたんです(^_^)
あ、青少年のための科学の祭典 対象は子供だけではありません。大人も参加できますよ(^^)v
2014青少年のための科学の祭典 東京大会in小金井「ストローとゴムひもで作る正多面体」準備中~



※関連記事
ストローと輪ゴムで作る正20面体についての考察(直観)
C240フラーレン分子模型 ←これはストロー360本

« ヒンメリ…ストロー正8面体×6複合体を作ってみた | トップページ | 2014青少年のための科学の祭典 東京大会in小金井「ストローとゴムひもで作る正多面体」準備中~ »

作る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒンメリ…ストロー正8面体×6複合体を作ってみた | トップページ | 2014青少年のための科学の祭典 東京大会in小金井「ストローとゴムひもで作る正多面体」準備中~ »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり