« 東芝未来科学館『飛ぶタネの模型を作ろう~タネはどこからきたか?考えてみよう~』の準備 | トップページ | 東芝未来科学館『飛ぶタネの模型を作ろう』で小学生と『バイオミメティクス』 »

2014年7月26日 (土)

ハチラボ夏休みワークショップ「マグヌスコップ」

イベント:渋谷ハチラボ夏休みワークショップ「空飛ぶプラコップ」
アイテム:マグヌスコップ
日時:2014/7/26(土)11:00~16:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田3階 こども科学センター・ハチラボ
アイテム参加者数:子供 34人 お父さん/お母さんも一緒に参加して 54人

マグヌスコップを飛ばすのに お父さん/お母さんもハマってました~(^o^)
マグヌスコップを作るのは簡単です。→マグヌスコップの作り方・飛ばし方
この日の作り方指導は渋谷区教育委員会事務局の服部さんにお願いしまして、私は飛ばし方の指導。
子供と同じ高さになるように、子供の横にひざをついて立ち、プラコップに輪ゴムを2周巻いて~ギューーっと引き伸ばして~プラコップをパッと離す。これだけなんですが、初めてやるとなかなかうまく飛びません(^^;
二三回練習しないと、なかなかスーーッとうまく飛ばせるようになりません。
この日は子供の数も少なかったので「お父さん/お母さんもご一緒にどうぞ」と、一緒に作って、一緒に飛ばす。
お父さん/お母さんも、最初からうまく飛ばせる人は少ない。
でも二三回練習すれば(私が横で「あ、そこはこうして…」とアドバイスを与えると)スーッと飛ぶようになる。
マグヌスコップがスーッと飛ぶと「面白~い!」「気持ちいい~」とハマる(^o^)
で、まだうまく飛ばせない我が子に指導する。←親子で一緒にやるっていいね。

●娘と一緒に来ていたお父さん…
娘が作っているのを関心なさげに見ていたのですが、娘がうまく飛ばせない。ならばと自分でも作って飛ばしてみる。最初はうまく飛ばなかったけど、二回目、三回目…とだんだん上手に飛ばせるようになってくる。「あ~コツが分かった!」と得心顔で、うまく飛ばせなくて諦めかけていた娘に飛ばし方を教え始めました。この親子、20分ぐらいはマグヌスコップを飛ばす練習してました。娘さんも上手に飛ばせるようになったし、マグヌスコップにハマってしまったお父さんはマグヌス効果の説明資料も見てました。
最後は「楽しかったです」と言って帰って行きました。

●息子と一緒に来ていたお母さん…
息子は最初に飛ばしたときにうまく飛ばず「ダメ、ヤダ」見たいな反応(^^; まぁ色んな性格の子供がいますからね。子供が「ヤダ」と言うからこのまま帰ってしまうのかな?と思ったら… ここから後、お母さんが偉かった。「諦めずにやてみようよ」と息子を励まし、四五回やってもうまく飛ばせず「もうヤダ」と言っている息子を、それでも励まし、自分でも飛ばし方を練習し、息子に教え、だんだんとその子も飛ばせるようになってきた。
それでもあと一歩のところでうまく飛ばせない息子に「先生に「どうすればいいんですか?」って聞いてごらん。」と声をかけ、渋る息子もやっと私のところにきて「どうすればいいんですか?」と質問。ん、よく質問できました。偉いゾ!どっちかというとお母さんの方が(←私の心の内の声ね)
この親子は30分ぐらいマグヌスコップを飛ばす練習をしていました。息子もそこそこ飛ばせるようになったし。最後にお母さんはマグヌス効果の説明資料も見ていて、息子に「マグヌス効果って言うんだって。」と語りかけ、私にちょっと質問してきたので… マグヌス効果について語ってしまう私(^o^)

今回、何十組もの親子がマグヌスコップを飛ばすのを見ていて、マグヌスコップを親子で飛ばすってなかなかイイね~!と思いました。
マグヌス効果を小学生に説明するのは難しいのですが、親に説明すると興味深そうに聞いてくれますし(^_^)

※ハチラボのような科学館には小学生未満の子もよく来ます。マグヌスコップは作るの簡単ですから、小さい子にも作れます。でも飛ばし方を指導するのは難しい。
マグヌスコップを上手に飛ばすためには、ゴムを「水平」に張り、プラコップも「水平」に持ち、ゴムとプラコップは「直角」にするのですが、「水平」とか「直角」とか言っても分からないんですよ(^^;

※ハチラボの「なるほど実験室」でマグヌスコップを作って飛ばしましたが、そこそこうまく飛ばせるようになって、「さぁ、後は家に帰って…」「家じゃ狭くて飛ばせないよ~」と言ってるのが何回かあり…
「ならば、こういう飛ばし方を教えましょう」とマグヌスコップを「垂直発射」して見せると、「わ!面白い!どうやるの?」と子供たち/親も俄然興味を示します。
私はこの日、マグヌスコップの「垂直発射」を何度も実演していたので、コップがグル~と一回転して自分のところに戻ってくるのをキャッチできるようになりました(^^)v
それを見た女の子「私もキャッチしてみる~!」って練習始めたんですが、垂直発射した飛行軌跡が毎回同じになるぐらいに安定しないとキャッチするのは無理だよ~(^^;

※輪ゴムは最初「5本つなげて」いたのですが、この5本は大人の腕サイズでした。
子供の腕では「4本つなげて」ぐらいが適度な長さでした。

※関連記事
2013/07/24 渋谷ハチラボ夏休みワークショップ「すっとびボール」
2012/07/30 第30回戸田競艇場少年少女サマーフェスティバル「マグヌスコップ」
↑このときは飛ばし方指導でそんなに苦労した感がないのですが… あ~もしかして、ハチラボ:小学校低学年が多かった。戸田少年少女サマーフェスティバル:小学校低学年~高学年という年齢の違いによるものでしょうか?


« 東芝未来科学館『飛ぶタネの模型を作ろう~タネはどこからきたか?考えてみよう~』の準備 | トップページ | 東芝未来科学館『飛ぶタネの模型を作ろう』で小学生と『バイオミメティクス』 »

科学体験クラブ府中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東芝未来科学館『飛ぶタネの模型を作ろう~タネはどこからきたか?考えてみよう~』の準備 | トップページ | 東芝未来科学館『飛ぶタネの模型を作ろう』で小学生と『バイオミメティクス』 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり