« FullTr-11 トランジスタでコンピュータを作るキット←これはスゴい! | トップページ | 発泡スチロール・スライサー(アルソミトラの種子の模型を作るために…) »

2014年7月 9日 (水)

マグヌスコップの作り方・飛ばし方

マグヌスコップ」がどういうものかというと~
プラコップを2つビニールテープでつなげて、それに輪ゴムをつなげた紐を2周ほど巻き付け、輪ゴムの紐をギューっと引き伸ばして、プラコップを離すと・・・プラコップが飛んだ~! というのが「マグヌスコップ」です。マグヌスコップは「マグヌス効果(Magnus Effect)」を利用した科学おもちゃです。

…という言葉による説明ではよく分からないと思いますので、動画を見てください…

面白そう!と思ったら、作るの簡単ですから、お試しください(^o^)

●マグヌスコップの作り方
▽用意するもの
Mugnuskop01
・プラコップ:2個
・ビニールテープ:16cmほど
・輪ゴム:4本~5本

▽プラコップの底を向かい合わせて…
Mugnuskop02

▽ビニールテープを16cmほどに切って、プラコップを貼り合わせます。
Mugnuskop03

▽輪ゴムを4本~5本ほどつなぎ合わせます。
 輪ゴムをつなぐのは↓こういう風に…
Mugnuskop04
輪ゴムの長さは腕の長さと関係するので、子供は4本、大人は5本ぐらいが具合がよかったです。

▽出来上がり~
Mugnuskop05
作るのは簡単!

●マグヌスコップの飛ばし方
▽左手でプラコップを持ち、親指で輪ゴムの端を押さえます。
Mugnuskop06

▽右手で輪ゴムのもう一方の端を持ち、輪ゴム紐を伸ばすようにして、
ぐる~っと一周、もう一周巻き付けます。
Mugnuskop07

▽輪ゴム紐の端をつまんでいる右手を、ギューッと前に突きだし、
 プラコップを持った左手は顎のところまで引きます。
Mugnuskop08
輪ゴム紐がピーーンと引き伸ばされますが、ここでビビってはいけません(^^;

▽プラコップを持っている左手をパッと離せば…
Mugnuskop09
ほら、プラコップが飛んだ~!
Mugnuskop10

今はマグヌスコップを水平に発射しましたが、
▽このように垂直に持って、垂直発射すると~
Mugnuskop11
プラコップがぐるっと回って自分のところに戻ってきます。
どんな飛び方をするかは動画を見てね。
あ、それより自分で作って飛ばしてみる方が断然面白いです!

●マグヌスコップはなぜ飛ぶのか?
マグヌスコップは「マグヌス効果(Magnus Effect)」を利用した科学おもちゃです。
マグヌス効果 - Wikipedia
※ここにも図を載せて説明したいのですが、今日は動画を撮ってYouTubeにアップするので手一杯(^^; もう眠いから、そのうち・・・ そのうちやりそうにないから、「マグヌス効果」の画像検索結果をご覧下さい。

※マグヌスコップを実施したイベントの記事
2012/07/30 第30回戸田競艇場少年少女サマーフェスティバル「マグヌスコップ」


2014/07/26(土) ハチラボ(渋谷区子ども科学センター)にて夏休みワークショップ「空飛ぶプラコップ」=マグヌスコップを実施します。事前申し込みなし、当日随時受け付け、無料です。
その記録→ハチラボ夏休みワークショップ「マグヌスコップ」


※ゴルフボールや軟式野球ボールのディンプル(dimple)は、マグヌス効果により飛距離を伸ばすためについてるんです。
Dimple
軟式野球ボールのディンプルについては、こちらをご覧ください…
55年ぶりのフルモデルチェンジ! 「軟球」から“ディンプル”が消えた謎を追う(2)|日経トレンドネット ←「軟球」ディンプルには「科学」が詰まっていたんですね~(^o^) あ、軟球ディンプルの科学はこちら…
55年ぶりのフルモデルチェンジ! 「軟球」から“ディンプル”が消えた謎を追う(3)|日経トレンドネット

野球,サッカー,卓球,バレーボール,テニス…あらゆる球技でマグヌス効果が働いています。マグヌス効果を理解すれば球技が上達するかもよ!? スポーツって昔の「根性」じゃなくて、現代は「サイエンス」がキーになってきてますからね。

野球で「カーブ」を投げるときマグヌス効果が働いています。サッカーで「カーブシュート」を蹴るときもマグヌス効果。卓球やテニスで「ドライブをかける」のもマグヌス効果です。

(2014/12/07追記)あ~そうそう、野球の「カーブ」じゃなくて「ストレート」でもマグヌス効果が働いています。普通に投げたボールは重力で落ちて「放物線」を描きます。「ストレート」を投げたときもボールは重力で落ちてます。でもそこにマグヌス効果が働いて上に持ち上げる力(揚力)が加わるので、見た目まっすぐな「ストレート」になるんです。「ストレート」という名前ですが、ストレートも「変化球」なんですね。
※参考リンク
ストレート|野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所
球種 (野球) - Wikipedia


※マグヌス効果で「揚力」が発生します。揚力が発生するなら、それで飛行機が飛ばせるじゃん!と、マグヌス効果で飛ぶ飛行機を作って飛ばしている動画がYouTubeにいくつもあります。二三ご紹介…

▽Flettner-Modellflugzeug.m4v

▽FanWing a new type of aircraft

▽第4回飛行ロボットコンテスト 'とるねーだー3119K'

↑この飛行機は円筒じゃなくて、板を回転させていますね。回転体の上下で気流の速度差が発生すればマグヌス効果による揚力が発生しますから、回転体は円筒じゃなくて平板でもいいんです。
ならば、マグヌス効果で飛ぶ飛行機があるんだから、凧だってあるよね~
▽Prism Kites; Flip Kite

※関連記事
ニワウルシの種子が落下・回転するとマグヌス効果が働いていた~!
『マグヌスコップ』を『空飛ぶプラコップ』と呼んではいけない科学的理由

※ゴルフボールの「ディンプル」は、マグヌス効果を高めるだけでなく、「抗力」を小さくする効果もあるってことを、『魔球の科学』Newton 2015/5 を読んで知りました。

« FullTr-11 トランジスタでコンピュータを作るキット←これはスゴい! | トップページ | 発泡スチロール・スライサー(アルソミトラの種子の模型を作るために…) »

作る」カテゴリの記事

コメント

FanWing a new type of aircraft はマグナスではなく、
クロスフローファンをプロペラにしてる通常翼では?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FullTr-11 トランジスタでコンピュータを作るキット←これはスゴい! | トップページ | 発泡スチロール・スライサー(アルソミトラの種子の模型を作るために…) »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり