« 月暈(つきかさ:Moon halo) | トップページ | 宇宙最初の星明かり…日経サイエンス2014/6 »

2014年4月26日 (土)

由比ヶ浜の空に鯉のぼり~

大学の同期会みたいな集まりで鎌倉に一泊旅行に行ってきました。宿は由比ヶ浜。で、由比ヶ浜の海岸を歩いていたら~
Koinobori140429a
鯉のぼりがいっぱい!空を泳いでました~w(*゚o゚*)w
先端が凧で、三十数匹の鯉のぼりが空を泳いでます。
これを揚げている人達は…
Koinobori140429b
二三人で引っ張っているだけ。あれ、意外と少ない。
遠くで「鯉のぼりいっぱい!」を見つけたときは「十人ぐらいで引っ張ってるんだろうな~」と思ったもので。何で二三人で三十数匹の鯉のぼりを揚げられるんでしょうね??
鯉のぼりの重量で凧は落ちてしまわないの?
鯉のぼりが風に吹かれているときは少しは揚力が発生してるの?
先端の凧は鯉のぼりの大きさと比べてもそんなに大きな凧じゃない。この凧一つで三十数匹もの鯉のぼりが揚げられるのが不思議~!?
しまった。写真を撮ってるだけじゃなくて、「なぜ?」を質問してくるんだった。。。
Koinobori140429c
先端の凧は「下がり藤」の家紋
紺地に白抜きの「下がり藤」と25本の糸目を感じてしまいました~(^o^)

「由比ヶ浜 鯉のぼり」で画像検索すると、鯉のぼりいっぱい!画像が多数出てきます。この時期の由比ヶ浜の風物詩のようです。


鯉のぼりが風に吹かれているときは少しは揚力が発生してるの? 調べてみました~
吹き流し - Wikipedia より…『リングのある筒の一端は常に風の入り口となり、風が吹くとそこから気流が筒の中に入り込む。気流は開口した筒のもう一端から出ていく。この気流の流れにより、吹き流しは揚力を受けて水平に舞い上がる。』
あ~そうか、鯉のぼりが水平に舞い上がっているときは揚力を受けているのか~ そうでなければ、鯉のぼりは下に垂れちゃいますからね。
先端の凧は三十数匹の鯉のぼりの全荷重を支える必要はないんだ~
(でも、糸目が2,3本でなく、25本もあるから、かなりの張力はかかっているハズ)


※こちらのページに由比ヶ浜の鯉のぼりをいいアングルで撮った写真と、具体的な数値データが出ていました。
大凧に引かれコイ32匹泳ぐ 鎌倉|写愛館
凧の大きさは一畳半~二畳。鯉のぼりの総重量は30kgもあるんですって!


※凧に付ける糸を「糸目(いとめ)」と言いますが、
金に糸目を付けない - 語源由来辞典 ←そうだったのか~と、今頃なぜそう言うのかを理解した私(^^;

※ところで、「糸目」で検索すると、凧の糸目じゃなくて、(─_─) ←こちらの糸目の方が多数出てきますね(^^;


※この日のメインはこちら…→還暦祝い⇒誕生ケーキにロウソク60本!


« 月暈(つきかさ:Moon halo) | トップページ | 宇宙最初の星明かり…日経サイエンス2014/6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月暈(つきかさ:Moon halo) | トップページ | 宇宙最初の星明かり…日経サイエンス2014/6 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり