« サイエンスアゴラ2013で面白かったもの | トップページ | 宇宙エレベータのスケール感 »

2013年11月11日 (月)

サイエンスアゴラ2014に向けて…メモ

※サイエンスアゴラ2014は、11/8(土)~9(日)の開催予定です。
サイエンスアゴラ2014 №165 正多面体って意外と面白い…作ってみよう で出展します。


サイエンスアゴラ2013が終わりました。
サイエンスアゴラ2013『楽しかったです』その一言が一番のご褒美です
私、出展終了直後が一番モチベーションが上がるのですよ(^^;
なぜかというと~
出展が終わると…
・あそこで、あの話をするの忘れた~
・あそこで、あれを用意しておけば、もっと分かりやすく伝わったのに~
・あれを用意していたのに、使わなかったじゃないか~
・あの説明間違ってた~
…等々色んな反省点が私の脳内に出てくる。
ならば次の出展ではああしよう、こうしたらもっと分かりやすく面白くなるゾ!と、アイディアが次々と湧いてくるんです。
次回も出展できたらもっと面白くできるゾ! また出展した~い!と、モチベーションが上がるんです(^o^;
でも、この高揚した状態はすぐに冷めるので、今のうちにメモしとこ…

  • 正多面体展示用ボードからコーナーキューブリフレクターに移るとき「天空の城ラピュタの飛行石」のお話もする。正8面体⇔飛行石がリンクすることで記憶に残る。
    化石のレプリカ「アンモナイト」を記憶に留めるための科学的?お話
  • コーナーキューブリフレクター⇒再帰性反射の話をしたとき、『まんがサイエンスⅦ「見る」科学』の紹介もする。
    ビー玉万華鏡のビー玉が白く光って写るのは「再帰性反射」
  • 自転車の反射板がコーナーキューブリフレクターであると分かってもらった後で、ここで「へ~」と感心してるだけじゃダメですよ。もっと注意深く観察して「あれ? ×××じゃないですか?」とツッコミを入れなくちゃ!と、科学解説を聞くときの心構えをレクチャーする(^^;
    自転車の反射板(コーナーキューブ・リフレクター)と「全反射」
  • 「いい質問ですね~」と出展者側に言われるような「質問」の見つけ方、科学イベントの楽しみ方、「科学する心」についてのお話
    キリン横浜ビアビレッジ工場見学でフローズンビール(^o^)/~
  • 考えるカラス~科学の考え方~『観察し 仮説を立て 実験し 考察する』についても話したい。特に「観察」すること。
    考えるカラス(NHK for School)…これは素晴らしい科学番組だ~!
  • 「観察」することの重要性を伝えるには「すっとびボール」が最適なのだが、サイエンスアゴラのブース内では「すっとびボール」を飛ばせない(^^; あ、国際交流館4Fの体育館があったな~ ※でも「すっとびボール」と「正多面体」を一緒にやるわけにも行かないな(^^;
    「すっとびボール」はなぜ高く跳ね上がるのか?
  • 「観察」することの重要性を伝えられるもう一つのアイテムが「ビー玉正4面体逆立ちコマ」←来年はこれをメインにやろうかな!
    府中市青少年の科学体験フェスティバル「ビー玉正4面体逆立ちコマ」
    サイエンスアゴラで「接着剤が固まるまで40分かかるので、引換券で40分後に…」という流れでは実施できないし、エポキシ系接着剤は臭いがするから、風通しのよい単独の部屋で…なんてできないので、完成品を回して「観察」
  • 地球と月の距離と大きさのスケール感」で「宇宙エレベータ」の話をするので、ブースの壁には宇宙エレベータの想像図を貼っておく。
  • 話が「宇宙エレベータ」までで、「スペースコロニー」にまで及ぶことが少なかったので、ブースの壁にはスペースコロニーの想像図も貼っておこう。機動戦士ガンダムの「サイド3」とかも… あ!「サイド3」のラグランジュポイントはL2で月の裏側だから、1億分の1モデルで月の裏側のL2まで示すとなると… 話がわき道にそれるからやめとこう(^^;
  • 「宇宙エレベータ」に関する古典本の展示。あ、最近は「宇宙エレベータ」という名前の方がポピュラーですが、昔は「軌道エレベータ」だったんですよ
  • 『見たまえ、この巨大な飛行石を!これこそラピュタの力の根源なのだ!!』←これをやる(^o^;
    コーナーキューブ⇒正8面体⇒天空の城ラピュタの飛行石
  • 「月は年間3.8cmずつ地球から遠ざかっている」を間違えて「年間1cmずつ」と言ってしまったので、これを訂正する。
  • 正多面体の双対…正20面体⇔正12面体、正8面体⇔正6面体をCGのアニメーションで示す。←お~そうだよ。これこそやらなくちゃ!1年あれば出来るかな?
    1年などと悠長なことを言ってないで、2~3ヶ月のうちに作らなきゃ(長年の懸案事項だから(^^;)

※その後思いついたことを追記しておきます…

  • 正20面体の話のときに「正20面体サイコロ」を紹介し「乱数は現代社会でとっても役立っているんです」という話もする。
    正20面体サイコロ(ペーパークラフト)
  • ビー玉正多面体オブジェの予備を一式持っていく。
    子供はどうしてもビー玉正多面体オブジェをいじる。色々触って記憶に残してもらいたいから「触っちゃダメだよ~」とは言わない。でも、床に落として割れる(バラバラになる)ことがある。
  • 宇宙エレベータの話の最後に宇宙エレベータの画像検索結果を見せる。そして、そこに描かれている地球が静止軌道ステーションから見たものでなく、国際宇宙ステーション程度の高さから見たものであること=科学的に正しくないよ~ということに注意を向ける。
    宇宙エレベータのスケール感
  • コーナーキューブリフレクターの前に『再帰性反射』と『デジカメのフラッシュを強制発光させて写真を撮ってみよう』と印刷して置いておく。
  • コーナーキューブリフレクターの説明が「コーナーキューブプリズム」にまで至ったら、『全反射』の説明をするために「ポロプリズム」を持っていく。※どこかにしまい込んだ「ポロプリズム」を発掘してこなくては…
  • 出展の様子を写真撮影しておく。(今年は写真撮影している余裕がなかった。)
    特に「地球と月の距離と大きさのスケール感」で1億分の1の地球と月を3.8m離れて持っている様子を写真に撮る。
  • 工作コーナーで作れるものを掲示&展示しておく。
  • 正多面体とは…『すべての面が同一の正多角形で構成されてあり、かつすべての頂点において接する面の数が等しい凸多面体のこと。』…と掲示しておく。
    正多面体のことを初めて知る/改めて知る 子供や大人のために、正多面体の定義を示しておく。
    この説明の後に「正多面体は、正4,6,8,12,20面体…この5種類しかありません。」と言うと、「ほんとに?」というイイ質問が返ってくることが多いから。

« サイエンスアゴラ2013で面白かったもの | トップページ | 宇宙エレベータのスケール感 »

クラブ活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サイエンスアゴラ2013で面白かったもの | トップページ | 宇宙エレベータのスケール感 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり