« (飛ぶ種)アルソミトラの種子の模型でバイオミメティクス | トップページ | それで9次元だったのか~!『大栗先生の超弦理論入門』BLUE BACKS »

2013年9月19日 (木)

十五夜なので… アポロが月に置いてきた物に想いを馳せる

今日は十五夜(中秋の名月)なので、月を見ながら、アポロが月に置いてきた物のお話でも(^_^)
アポロが月に置いてきた物というのは~
これ↓再帰性反射器(コーナーキューブ リフレクター)です。
Lunar_retroreflector
これはアポロ11号が置いてきた物。他にも、アポロ14号、アポロ15号、ソビエト連邦のルノホート1号とルノホート2号によっても同様の物が置かれています。
↓再帰性反射器(コーナーキューブ)が置かれている場所
Location_of_lunar_retroreflectors
Lunar Retroreflectors|UC San Diego Department of Physics より
↑こちらのページの写真を見ると、月に置かれた再帰性反射器(コーナーキューブ)がどんな物か分かります。
で、この月に置かれた再帰性反射器を何に使うのかというと~
地球から月に置かれた再帰性反射器に向けてレーザーパルスを発射し、反射して戻ってくるまでの時間を計るんです。そうすると月までの距離を正確に計ることができます。
その結果、月は年間3.8cmずつ地球から遠ざかっている!なんてことも分かりました。
他にも色々な科学的成果を上げてますので、興味があればこちらをどうぞ…
月レーザー測距実験|Wikipedia

え~地球と月との距離は約384,467Kmです。そんなに遠い距離をレーザーパルスが行って返ってくる(レーザーパルスを発射した天文台に戻ってくる)のは、再帰性反射器(コーナーキューブ)の面白いところです。
コーナーキューブ(再帰性反射)とはどういうものか?こちらをどうぞ…
コーナーキューブ(再帰性反射)
この記事ではでコーナーキューブを作ってますが、月に置かれたコーナーキューブは鏡ではなく、コーナーキューブプリズムです。
コーナーキューブプリズムとは、例えばこんなの⇒コーナーキューブプリズム|シグマ光機
※あ、自転車の反射板もコーナーキューブプリズムってことか~
自転車の反射板(コーナーキューブ・リフレクター)と「全反射」

※月とは全然関係ありませんが…(^^;
コーナーキューブ⇒正8面体⇒天空の城ラピュタの飛行石

※地球と月がどれくらい離れているかは…
地球と月の距離と大きさのスケール感

※「スケール感」って大事だと思うので…
宇宙エレベータのスケール感
素粒子の世界のスケール感

« (飛ぶ種)アルソミトラの種子の模型でバイオミメティクス | トップページ | それで9次元だったのか~!『大栗先生の超弦理論入門』BLUE BACKS »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (飛ぶ種)アルソミトラの種子の模型でバイオミメティクス | トップページ | それで9次元だったのか~!『大栗先生の超弦理論入門』BLUE BACKS »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり