« アンモナイトの縫合線 | トップページ | アンモナイトの螺旋 »

2012年12月10日 (月)

黄鉄鉱(12面体)と磁鉄鉱(8面体)

東京ミネラルショー2012(池袋サンシャインシティー)で買った多面体モノ。
iron pyrites, magnetite
左側が黄鉄鉱(12面体) 1個\200
右側が磁鉄鉱(8面体) 1個\100
今回のお買い物は小物ばかりです(^^;

自然にできる結晶が12面体になるってのが不思議ですよね~
さすがに「正12面体」とはなりませんが、5角形12面の12面体です。不思議~!
あれ?昔買った黄鉄鉱は6面体(立方体)の結晶だったけど…
「黄鉄鉱 結晶」で画像検索すると、6面体の結晶が多いが、12面体の結晶もある。あ~!8面体もある。え~!どういうこと?
検索してたら、このページを見つけました→Systema Naturae 標本は語る(東京大学総合研究博物館)鉱物界の進化 鉱物の形の多様性
図12 黄鉄鉱に出現する多様な形態を見ると、6面体,8面体,12面体,20面体がある。4面体以外みんなあるじゃないですか~ へ~そうだったんだ~!


※立方体の黄鉄鉱はこちらをどうぞ…
黄鉄鉱・立方体…スペイン・ナバフン鉱山

« アンモナイトの縫合線 | トップページ | アンモナイトの螺旋 »

コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンモナイトの縫合線 | トップページ | アンモナイトの螺旋 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり