« 虹の外側は暗い | トップページ | オシドリは「おしどり夫婦」ではなかった! »

2012年11月17日 (土)

ブッポウソウと鳴くのはコノハズク!

最近NHKのダーウィンが来た!が面白い。
「え~!そうだったの~!」という驚きの連続。
そのうちの一つが、里山の美しき鳥① 森の宝石ブッポウソウ 意外な食生活

▽ブッポウソウ
Dollarbird Dollarbird
私はブッポウソウは♪ブッポーソー♪と鳴く鳥だと思っていたんですが…
♪ブッポーソー♪と鳴くのはコノハズク(ふくろうの一種)なんだって!

コノハズク♪ブッポーソー♪と鳴く
Otus scops

え~!そうだったんですか~!
なぜ?

▽ダーウィンが来た!による説明「誤解が生んだブッポウソウ」
Dollarbird:Otus scops 1
どちらも木の洞(うろ)で子育てするブッポウソウとコノハズクは、よく同じ森に住んでいます。
Dollarbird:Otus scops 2
でも人々が目にするのは昼間活動するブッポウソウばかり。
Dollarbird:Otus scops 3
夜、その場所からコノハズクの♪ブッポーソー♪という鳴き声が聞こえてきました。
ところが暗くて姿は見えません。そのため人々は声の主が昼間見る美しい姿の鳥、ブッポウソウに違いないと思い込んだのです。

なるほど~!

あれ?「ちょっと待った~!」(ヒゲじいの声でお願いしますね(^^;)
昼間ブッポウソウが♪ゲッゲッゲッゲ♪とか♪ンギョ ンギョ♪と鳴いているのを聞いているのに、なぜ♪ブッポーソー♪も同じ鳥の鳴き声だと思ってしまったんですか?誤解もはなはだしいじゃありませんか。


「ブッポウソウ 英語」で検索… Dollarbirdっていうのか~
Dollarbird ダラーバード … ドル($)鳥?
なんでブッポウソウがDollarbirdなの?
「Dollarbird なぜ」で検索…
ブッポウソウ (仏法僧) Dollarbird (Eurystomus orientalis) - 旅先で ...
「名前の"dollar=1ドル"の意味とは、『翼にある白い斑紋が一ドル銀貨に見えることから名付けられた』との説明書きがあった。」
へ~
「ちょっと待った~!」(再びビゲじい登場(^^;)
1ドル銀貨が作られる前からブッポウソウは生きていますよね。1ドル銀貨が作られる前は、ブッポウソウはDollarbirdではなく、別の名前で呼ばれていたはずですよね?
あ、学名は Eurystomus orientalis なのか~
「Eurystomus 意味」で検索…→ ブッポウソウ・・・(循環するからやめとこ(^^;)


あ~!ここの斑紋でDollarbirdなのか~↓
Dollarbird

« 虹の外側は暗い | トップページ | オシドリは「おしどり夫婦」ではなかった! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虹の外側は暗い | トップページ | オシドリは「おしどり夫婦」ではなかった! »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり