« Homo Faber … 世田谷アートフリマ vol.18 | トップページ | ウイルスにも正20面体 »

2012年9月29日 (土)

銀の匙 Silver Spoon 2 で「逆子」を学ぶ

友達に回覧していた銀の匙 Silver Spoon が戻ってきたので、銀の匙 Silver Spoon 2 で、へ~そうだったのか!と、またまたマンガで勉強してしまった 逆子(さかご)のシーンを…
Silverspoon2sakago1

Silverspoon2sakago2
『本来、頭から出てくるはずの仔が 足から出てきてしまうのが「逆子」。』
『頭が出る前に へその緒がちぎれてしまうから 窒息死する確率が高い。』

あ~!それで、逆子は良くないって言われてるんですね。

『なので 親牛のいきみに合わせて一気に引っ張り出す。』
『スピード勝負だ。』
『大きい仔だから、みぞおちや肩で詰まったらアウトだぞ。』
『う~っす!!』
Silverspoon2sakago3

Silverspoon2sakago4

実は私、子供の頃にコレ↑逆子の仔牛を引っ張り出すのを3回か4回ほど手伝ってます。
家で乳牛を数頭飼ってたので(神奈川県秦野市です。今では飼っていません。)
乳牛が数頭いれば、年に数回お産があるわけで(牛乳を搾るには母牛が仔牛を産まねばならず、暫くすれば牛乳は出なくなりますから、またすぐに人工授精で妊娠させる…というのが繰り返されます。まぁ、この辺はエゾノー(大蝦夷農業高校)の校訓にあった「理不尽ってやつです。でも、そうしないと我々(都市に住む者)は牛乳を飲むことができないんです。)

あ、で、数頭という小規模な酪農でも年に数回はお産があります。そして、たまに逆子で生まれてくる仔牛がいます。そういうときは、上のシーンのように、仔牛の足に縄を結んで皆で引っ張るんです。あ~皆でといっても、お父ちゃん、お母ちゃんの二人じゃ足りません。近所の酪農仲間のおじちゃんを呼びに行き、子供たちも引っ張るのを手伝うんです。
小学生のとき友達の家の庭で遊んでいたら、そこの家の牛がお産で逆子だったから、そこにいた子供たち4人ぐらい全員「そら、引っ張るの手伝え」って、皆で引っ張ったこともありました(^^;
銀の匙の八軒くんは、この体験に相当ショックだったようですが、もう2,3回体験すれば、牛のお産ではこういうこともあるって冷静に見られますよ(^o^)


理不尽ついてにもうひとつ…
生まれてきた子牛がオスだと、売られていきます。
オス牛を育てても牛乳を出すようにはならないので…
肉牛を育てる農家ではなかったので、オスはいらない子なの…
八軒君のように高校生になってからこういうことを知ると、それは理不尽に思えるでしょうが、子どものときからそれを見てると「そういうもんなんだ~」でした。
♪ある晴れた 昼下がり 市場へ続く道
…何も知らない仔牛でさえ 売られていくのが分かるのだろか
…ドナ ドナ ド~ナ ド~ナ



※銀の匙では「浸透圧」も学べる~
2013/07/13 銀の匙8…チーズ作りで「浸透圧」
※「凝固点降下」も学べる~(^o^)
2013/10/28 銀の匙9…ほうれん草で「凝固点降下」
※食文化について考える
2013/10/31 銀の匙9⇒人間は何を食べてきたか『血の一滴も生かす-肉-』

※参考リンク 2016/09/24追記
乳用牛の生産サイクル畜産ZOO鑑

« Homo Faber … 世田谷アートフリマ vol.18 | トップページ | ウイルスにも正20面体 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Homo Faber … 世田谷アートフリマ vol.18 | トップページ | ウイルスにも正20面体 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり