« 正多面体が5種類あることは石器時代の人も知っていた | トップページ | スマートフォンの液晶ディスプレイの上で偏光板を回しても黒くならない…なぜ? »

2012年4月 7日 (土)

正20面体ペーパークラフト(展開図)

正20面体の展開図↓
Icosahedron1

ペーパークラフトで作るには「のりしろ」を付ける。
普通はこうなる↓(グレーの部分がのりしろ
Icosahedron2

でも、自分で作っていると「のりしろを台形に切るのが面倒くさい…」
「一般的にペーパークラフトののりしろって台形だけど、台形にこだわる必要ないよね~」
と思って、のりしろを正三角形にしてみた↓
Icosahedron3

これで台形に切る手間が省ける(カッター11回分(^^;)
で、作ってみると… のりしろは正20面体の各面の下側になるのだが
上記の展開図の上下5個ずつののりしろを順に貼っていくと…
最後の1枚が、既に固定されている面の下側に入らないよ~(^^;
まぁ、それは台形ののりしろでも同じことなのだが、
三角形ののりしろは台形より大きいので、隙間から滑り込ませるのも難しい…

ん~ならば、のりしろと、その上に来て欲しい三角形を入れ替えたらどうよ?↓
Icosahedron4

お~これなら常にのりしろが下に来て、しかも1面ずつ貼っていけば正20面体が出来上がるゾ!画期的だ~

このようにして作った正20面体ペーパークラフトの展開図は↓こちらにあります(^_^)
正多面体ペーパークラフト

※こののりしろが画期的だ~と私が勝手に思っているのですが、せっかくなのでちょっと解説…
正多面体ペーパークラフトを作ってみると、最後は2つ以上ののりしろを同時に貼る必要があります。
・正4面体・・・2つ同時に貼る
・正6面体・・・3つ同時に貼る
・正8面体・・・3つ同時に貼る
・正12面体・・・4つ同時に貼る(最初に作ったときは9箇所同時だったが、その後改良)
・正20面体・・・1つずつ貼っていけば出来上がる。(台形のりしろバージョンでは(理論的には)5つ同時に貼る)

この正20面体ペーパークラフトは、のりしろを1面ずつ貼っていけば出来上がるので、他の正多面体より作るのが簡単です(^o^)v

※あ~ 書いていて、思いついた。
正4面体と正8面体も、のりしろを正三角形にして、その上に来る面とのりしろを入れ替えれば、最後に複数のりしろ同時貼りをせず、のりしろを1面ずつ貼っていけば出来上がるようになるんじゃない?
→頭の中で展開図を描いて、組み立ててみる・・・
→ん、できる(^_^)
 そのうち改良版を作ってみようかな~
 でも、「正多面体の展開図を見てもらう」という目的には不向きだな~(^^;

※正6面体と正12面体でも、この技は使えるのか?
→正12面体は、正5角形ののりしろを配置するスペースがないから不可。
→正6面体は… できるけど、正方形4枚重ねになってしまう~ ペーパークラフトとしては 没

※これも正20面体ペーパークラフト
正20面体ボール…紙で作るクリスマスオーナメント

※紙じゃなくてクリアファイルで作ってみた
正20面体ボール…クリアファイルで作るクリスマスオーナメント

※12面体の展開図はこちら↓これらの「のりしろ」も台形ではなく三角形です。
正12面体サイコロ(ペーパークラフト/正12面体展開図)
黄道12宮サイコロ/惑星記号サイコロ(ペーパークラフト/正12面体展開図)
菱形12面体ペーパークラフト展開図

« 正多面体が5種類あることは石器時代の人も知っていた | トップページ | スマートフォンの液晶ディスプレイの上で偏光板を回しても黒くならない…なぜ? »

作る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正多面体が5種類あることは石器時代の人も知っていた | トップページ | スマートフォンの液晶ディスプレイの上で偏光板を回しても黒くならない…なぜ? »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり