« 東京国際科学フェスティバル2010「作って楽しむ万華鏡の不思議(万華鏡カフェ)」 | トップページ | サイエンスアゴラ2010「ネオジム磁石はすごいゾ!」 »

2010年10月10日 (日)

東京国際科学フェスティバル2010クロージングイベント「ネオジム磁石はすごいゾ!」「万華鏡の仕組み・万華鏡の不思議」

科学体験クラブ府中での自分の活動記録(出展報告書)を載せています(2012年5月)

イベント:東京国際科学フェスティバル・クロージングイベント
アイテム: 2010/10/9(土)「ネオジム磁石はすごいゾ!」10(日)「万華鏡の仕組み・万華鏡の不思議
日時:2010/10/9(土),10(日)10:00~18:00
場所:パナソニックセンター東京 有明スタジオ
アイテム出展責任者:関野
アイテム出展協力者:10(日)小沢

工作やお持ち帰りはナシ。実演・展示・説明のみで行いました。
参加者数:約100人(説明を聞いてくれた人の人数はこれくらいかな)

「ネオジム磁石はすごいゾ!」の実演・説明を2組の親子(7人)が聞いていて、説明が終わったとき、みんなが拍手してくれたんですよ~
※あ~私の説明が拍手に値するものだと評価されたのね~と嬉しかったです(^^)

隣のブースでは…『原子の結合の仕組みを、カードを使って楽しく学び理解できる化学カードゲーム「ケミストリークエスト」を考案しました。まずは入門編を体験してもらいゲームで化学を楽しんでもらいたいです!』というのをやっていたのですが、これを考案したのが小5の男の子。
10(日)朝「万華鏡の仕組み・万華鏡の不思議」の準備を始めた私が、正多面体のいつもの展示品を取り出すと、すかさず「あ!カーボンナノチューブだ!」
2008年の小金井で、中学生ボランティアの菅家君が「これ、カーボンナノチューブですよね~」と言って以来の出来事です。カーボンナノチューブだと見抜いた年齢記録更新(小5)です。(^^)v
カーボンナノチューブ(アームチェア型)ストロー分子模型 カーボンナノチューブ(アームチェア型)ストロー分子模型(内側) カーボンナノチューブ(ジグザグ型)ストロー分子模型 カーボンナノチューブ(ジグザグ型)ストロー分子模型(内側)
ビッグサイトでのリクルートフェア帰りに立ち寄った理系女子大生も「カーボンナノチューブ」と見抜きました。
ついでにビーズ正多面体ストラップの正20面体・サッカーボール・20角星などの作品を見せたら…「わ~!きゃ~!カワイイ~」(^o^)
「カーボンナノチューブ」だと分かった人は、この日6人。場所柄、科学レベルが高い人が来るようです。


ケミストリークエスト…商品化されてる~!

« 東京国際科学フェスティバル2010「作って楽しむ万華鏡の不思議(万華鏡カフェ)」 | トップページ | サイエンスアゴラ2010「ネオジム磁石はすごいゾ!」 »

科学体験クラブ府中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京国際科学フェスティバル2010「作って楽しむ万華鏡の不思議(万華鏡カフェ)」 | トップページ | サイエンスアゴラ2010「ネオジム磁石はすごいゾ!」 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり