« 2008年7月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年9月27日 (土)

ふしぎ発見科学教室「作って楽しむ音の実験室」

科学体験クラブ府中での自分の活動記録(出展報告書)を載せています(2012年5月)

イベント:ふしぎ発見科学教室
テーマ:作って楽しむ音の実験室
説明書:ブルーバックス「音のなんでも実験室」を参考にしました。
日時:2008/9/27(土) 13:30~16:00
場所:グリーンプラザ 地下1階 集会室
出展責任者:関野
出展協力者:河野,三浦
参加者数:4人

▼イベントに対しての所感
子供が4人しか来なくて(申し込みは5人)…寂しかったよ~(教室は「音」がテーマなので賑やかでしたが)
この時期、運動会やお祭りなどがあり、参加者が少なかったんだと思います。来年9月の教室は、これらのイベントと重ならない日に設定できるなら、そのことを考慮してください。
▼アイテムに対しての所感
6月7日の「ガリレオ工房のサイエンス・ライブショー」を見て、「音」について…私だったらこうするな~と思うところがありましたので、9月の教室を引き受けました。(「振動」と「共鳴」について知ってもらいたかった。参加者は4人と少なかったが、逆に説明や実験に手をかけられたから、まぁ、分かってくれたかな?)

▼次のような内容で実施しました。
音を出すもの…子供に音を出すものの名前を色々言ってもらう。
音の振動を見てみよう…細長いビニール袋に細かいスチロールの粒を入れて、音の振動を見る。→8月の研修で試してうまく出来なっかたアイテムですが、その後材料を変えて、うまく出来るようになりました。
糸電話…ベーシックなアイテムですが「音の振動」を説明するには最適です。
「糸をつまんだり、糸をたるませたらどうなる?」子供は2本の糸電話を交差させて音が伝わるか試してました。子供の自由な発想で実験してみることが出来て(少人数でも)よかった。
エコーマイク…糸電話の糸をバネに変えただけのものです。ペットボトルに入れて「完成品」にしていないエコーマイクです。バネをむき出しのままにしておくと、子供は色々なことを試します。そして「これ、面白い!」とかなり楽しんで遊んでました。
フクロウ笛…空き缶の飲み口にストローで息を吹きかけると、ホーホーとフクロウの鳴き声のような音がします。定員の25人子供が来ても対応できるように毎日1缶ビールを飲んで準備していたのですが…(^^;
ビールの空き缶を子供がストローでフーフーしてるのはちょっとな~と思ったので、空き缶にはフクロウのイラスト(写真)を巻き付けました。
小鳥笛…フィルムケースに幅3~5mmのスリットをあけ、フタにたこ糸を付けて回転させると、ピーピーと小鳥のような音がします。
シンセサイザー…人間は色々な音を出す楽器を作ってきたけれど(ここで最初の「音を出すもの」で出た楽器の名前を引用する予定でしたが、人数が少なくて?楽器の名前がピアノしか出てなくて…)、一つの楽器であらゆる音が出せたらいいな~と考えてシンセサイザーを作り出しました。学研の大人の科学「シンセサイザー」を使って、音を合成する仕組みを説明しようと思ったんですが、小学生相手に10分で説明するのは無理とあきらめ、勝手にいじらせてました。
音の波形を見てみよう…音が波であることを説明するには、音の波形を見てもらうのが一番です。サウンドモニター FFT Waveというソフトをノートパソコンにインストールして、マイクをつないで「あ~い~う~え~お~」と声を出すと、音の波形を見ることができます。夜中に準備していて「あ~い~…」お~!これ面白い!そのうち研修の折にでも是非紹介したいと思います。


2008年9月15日 (月)

2008青少年のための科学の祭典 東京大会in小金井「鏡の中のサッカーボール」

科学体験クラブ府中での自分の活動記録(出展報告書)を載せています(2012年5月)

イベント:2008青少年のための科学の祭典 東京大会 in 小金井
アイテム:鏡の中のサッカーボール
日時:2008/9/15(月) 9:30~17:00
場所:東京学芸大学(小金井キャンパス)
アイテム出展責任者:関野
アイテム出展協力者:河野,三浦,武藤
クラブ外の協力者:1名(中学生ボランティア(小金井中学)菅家君)
イベントへの来場者数:約8,500人
アイテムへの参加者数:約240人
ビー玉正12面体 ビー玉を入れると正12面体
集光プラスチック 正20面体 正三角形を入れると正20面体
鏡の中のサッカーボール ほら!サッカーボールにみえるでしょ(^o^)/

▼器具,備品について
「正多面体の展示」をリニューアルしました。(制作には2日以上かかりました。)子どもからも見えやすいように台を斜めにしたのが改良点。
080915c
毎度のこと、子どもが触りまくって壊れはしないかとちょっぴり心配ではありますが、子どもに触らせることが大事と考えております。※「ミニ・エクスプロラトリアムを作る会」の展示を見に行ったら「子供たちに、自由に触らせて遊ばせる」というポリシーでやっているという話を聞きまして、共感!

▼新しい試み
「工作だけで終わらせない」が私の活動ポリシーの一つですが、鏡の中のサッカーボールでは「ビー玉を入れると正12面体、三角の板を入れると正20面体、正20面体の頂点を切り落とすと五角形が現れてサッカーボールになるんだよ」というような説明をしました。また、その説明を分かり易くするために、ビー玉正12面体オブジェや集光プラスチック正20面体を用意しました。※正20面体とサッカーボールの関連を説明するために、切頂20面体=サッカーボールのペーパークラフトも用意するんだった(次回の改善点です)

▼アイテムに対しての所感
「くるくるレインボー効果」で大盛況の科学体験クラブ府中のコーナーでしたが、こういう大盛況で待ち行列ができる場合、ディズニーランド等の待ち行列でアトラクションの予告編?注意事項等を流しておき、お客様を飽きさせない(アトラクションへの期待を高める)やり方は見習う点があると思います。待ち行列は、工作の方法や注意点・科学的説明をする絶好のチャンスですから、待ち時間を利用するアイテム説明を是非やってみたいと思ってます。

▼イベントに対しての所感
大盛況で他の展示を十分に見て回る時間がなかったのですが、100アイテムもの出展があるイベントは情報収集の絶好の機会ですので、出展者以外に、リポーターが必要と思いました。次回はリポーター専任者を選出して、研修会で報告してもらうことを提案します。

▼そのほかの所感
正多面体展示でストロー多面体のサッカーボールとカゴみたいなものを並べているんですが、中学生ボランティアの菅家君が「これ(サッカーボール)はC60フラーレンですよね。こっち(カゴみたいなもの)はカーボンナノチューブですよね。」と言うのを聞いて、感激!そうそう!これはサッカーボールとカゴじゃなくて、C60フラーレンとカーボンナノチューブのストロー分子模型なのよ~! 今まで、すぐにそれと分かってくれる人がいなくてね~
さらに、カゴみたいなものは2種類あるんですが「カーボンナノチューブは構造的に2種類あるんですよね」
お!お!お!どうしてそこまで知ってるのよ~!こいつはただ者じゃないゾ
「よくそこまで知ってるね~」
「え~僕ちょっと科学が好きですから」・・・こういう科学少年に会えて、かなり嬉しい私でした(^o^)v

カーボンナノチューブ(アームチェア型)ストロー分子模型 カーボンナノチューブ(アームチェア型)ストロー分子模型(内側) カーボンナノチューブ(ジグザグ型)ストロー分子模型 カーボンナノチューブ(ジグザグ型)ストロー分子模型(内側)

科学クラブのHP経由で、次のようなメールが来てましたのでご紹介。
『こんにちは。昨日、”科学の祭典”に開会式前から行ってきました。
でも、”くるくるレインボー”は大人気で、参加できなくて残念でした。
ところが、今HPを見たら、27日に生涯学習センター・子どもサイエンスに”くるくるレインボー”が!!時間や参加できる年齢など書いていないのですが、科学の祭典のように、だれでも自由な時間に参加できるのでしょうか?ちなみに、この日は小学校の運動会で、3時を過ぎてから会場に着くことになるのですが・・・また、この日に参加できない場合、”くるくるレインボー”を作れるイベントがあったら教えてください。
息子は1年生で、昨日の”鏡の中のサッカーボール”をとても気に入って、何度も何度も中身を入れ替えては眺めています。』
※最後の一文「鏡の中のサッカーボール」の考案者として嬉しいです(^o^)


080915a 080915b

« 2008年7月 | トップページ | 2009年2月 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり