« 府中市立第一小学校 科学フェスティバル「磁力線を見よう」 | トップページ | 鳴門競艇場 科学体験フェスティバル「セパタクローボール」 »

2007年8月 1日 (水)

第25回戸田競艇場少年少女サマーフェスティバル「鏡の中のサッカーボール」

科学体験クラブ府中での自分の活動記録(出展報告書)を載せています(2012年5月)

イベント:第25回戸田競艇場少年少女サマーフェスティバル
アイテム:鏡の中のサッカーボール
日時:2007/8/1(水) 10:00~15:00
場所:戸田競艇場
主催組織:日本財団 後援組織:財団法人 日本科学協会
アイテム出展責任者:関野展寿
アイテム出展協力者:後藤紀子,クラブ外の協力者:2人(競艇場,子供会)
アイテム参加者:300人

▼新しい試み
大型の鏡の中のサッカーボールを展示。2006年住之江で用意したものであるが、このときは上向きにおいて「中を覗いてごらん」と声をかけていたが、今回は横向きにして通行人から見えるようにした。「あ!サッカーボールだ!」と、特に説明しなくても分かってもらえるのが良かった。
また、なんでこの鏡(錐体鏡)には正20面体が映るのかを説明するために、錐体鏡を20個貼り合わせたオブジェを展示した。「これ、キレイ~」「作りたい」「欲しい」という声はいっぱいあったが、「なぜ?何?」の質問がほとんどなかったのが残念。
錐体鏡を20個貼り合わせ
▼アイテムに対しての所感
300個用意した材料が全てはけるとは予想外だった。200あれば十分と思っていたもので…。材料がなくなったのは終了15分前ぐらいだったので、300個でちょうど良かった。

<次回改良点>万華鏡のミラーカットで見つけたことだが、ミラーを保護シート側から切り筋を入れておけば、ミラーを折って切り離すことができる。ハサミを使わなくて済むので、時間短縮になる。また、固いミラーを切らせると、線からずれて切ってしまう子がいるが、ミラーを折る方法だと、簡単に真っ直ぐに切り離せる。さらに、ビニールテープ切りと保護シートはがしも改良のアイディアがあるので、次回試してみようと思う。そしたら、5時間で400はいけるかも…(準備が大変ですが…)

« 府中市立第一小学校 科学フェスティバル「磁力線を見よう」 | トップページ | 鳴門競艇場 科学体験フェスティバル「セパタクローボール」 »

科学体験クラブ府中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 府中市立第一小学校 科学フェスティバル「磁力線を見よう」 | トップページ | 鳴門競艇場 科学体験フェスティバル「セパタクローボール」 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus 月曜はじまり